季語/秋の夕焼(あきのゆうやけ)を使った俳句

「秋の夕焼」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋の夕焼」について

【表記】秋の夕焼

【読み方】あきのゆうやけ

【ローマ字読み】akinoyuyake

子季語・関連季語・傍題・類語など

・秋夕焼(あきゆうやけ:akiyuyake)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の天文」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

秋の夕焼を含む俳句例

潦には寸断の秋夕焼/依田明倫

俎に流す血黒し秋夕焼/桂信子

爼に流す血黒し秋夕焼/桂信子

巌狭間縮つてくる秋夕焼/岸田稚

鉛筆を鋭く削り秋夕焼/能美澄江

俤も秋夕焼にいろどられ/加藤楸邨

父母ら秋夕焼にまぎれこむ/松澤昭

招かれて秋夕焼の畳かな/岸本尚毅

牛減りて残る曲屋秋夕焼/清水寥人

海と言ふ器の中の秋夕焼/大木涼子

渤海の秋夕焼やすぐをはる/加藤楸邨

秋夕焼むかし租界の煉瓦館/加藤耕子

秋夕焼燈もて応ふる淡路島/宮津昭彦

連嶺も踏める砂礫も秋夕焼/福田蓼汀

濃く浄き秋の夕焼誰も見ず/相馬遷子

秋夕焼壮麗人間小さくて/柴田白葉女

塩田の筋目すぢめの秋夕焼/吉田紫乃

秋夕焼乗換駅に水を買う/宇多喜代子

秋夕焼かちかち鴉溺るるな/井桁白陶

秋夕映の海より来たり鮃の死/森澄雄

俳句例:21句目~

鳩小屋に秋夕焼を賜はりぬ/石田波郷

鹿舞の波止に競へり秋夕焼/羽田岳水

光太郎の棲みたる山の秋夕焼/岡田智了

妻の刻いつもときいろ秋夕焼/野口大輔

杉の秀にわだの翠眉や秋夕焼/富安風生

校歌まだ歌えるふしぎ秋夕焼/渡邊禎子

仏壇ある家の奥まで秋夕焼/柴田白葉女

秋夕焼わが溜息に褪せゆけり/相馬遷子

秋夕焼一徹ゆらぐ現場椅子/米沢吾亦紅

秋夕焼不二の黒さを残しけり/三木十柿

秋夕焼引出しに蕎麦浚ひけり/小池文子

秋夕焼旅愁といはむには淡し/富安風生

漂ひゆく葬花河口の秋夕焼/鷲谷七菜子

へら釣の終るサイレン秋夕焼/村上辰良

ぽつと出の社員に新宿秋夕焼/高澤良一

もう一度呼ばれて帰る秋夕焼/二村典子

秋夕焼母攫はるるかも知れぬ/江中真弓

兎跳んで跳んでとどかぬ秋夕焼/鈴木栄子

秋夕焼待つときわれは暗き森/目須田和子

乙女受洗に重き扉開く秋夕焼/下村ひろし

俳句例:41句目~

秋夕焼風紋つねに影あたらし/鷲谷七菜子

造成地にビル建つまでの秋夕焼/寺岡捷子

少年工泣かさじと諭す秋夕焼/米沢吾亦紅

鷺たかし秋夕焼に透きとほり/軽部烏頭子

寄席を出て秋夕焼のすさまじく/杉山岳陽

秋夕焼け母のなき子のやうに去ぬ/池之小町

秋夕焼芯はまつくろかもしれぬ/夏井いつき

秋夕映えの真顔ばかりが揺られをり/森澄雄

看取りにも終る日のあり秋夕焼/今井千鶴子

秋夕焼ぎりぎりの朱とおもふべし/鎌倉佐弓

黄のままに没るいかるがの秋夕焼/吉田紫乃

秋夕焼くわえて抜き手切つている/岸本マチ子

ニツポニア/ニツポンに染む秋夕焼/仙田洋子

秋夕焼褪せしづかなる木にもどる/阿部みどり女

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ