季語/鶏頭(けいとう)を使った俳句

「鶏頭」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鶏頭」について

【表記】鶏頭

【読み方】けいとう

【ローマ字読み】keitou

子季語・関連季語・傍題・類語など

・扇鶏頭(おうぎけいとう:ogikeito)

・箒鶏頭(ほうきけいとう:hokikeito)

・槍鶏頭(やりけいとう:yarikeito)

・房鶏頭(ふさけいとう:fusakeito)

・ちゃぼ鶏頭(ちゃぼけいとう:chabokeito)

・紐鶏頭(ひもけいとう:himokeito)

・黄鶏頭(きけいとう:kikeito)

・三色鶏頭(さんしょくけいとう:sanshokukeito)

・鶏頭花(けいとうか:keitoka)

・韓藍の花(からあいのはな:karaainohana)

季節による分類

・「け」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

鶏頭を含む俳句例

貧賤も移す能はず鶏頭花/青嵐

鶏頭は終始を花の盛り哉/徳野

鶏頭の紅しんかんと旱村/黛執

鶏頭に鼠のつくや持佛堂/御風

鶏頭の十四五本の昃りぬ/素十

昼餉どき鶏頭女らを凌ぐ/波郷

鶏頭の黄色は淋し常楽寺/漱石

鶏頭や松に並びの清閑寺/其角

十月や鶏頭の雨椎の風/岸田稚

鶏頭や乾きの早き雨上り/也有

鶏頭やすかと仏に奉る/炭太祇

鶏頭を育てて隠れ切支丹/福島勲

断乎たる枯鶏頭の大頭/高澤良一

種柿と枯鶏頭の残る庭/小澤碧童

晩学や夜は力抜く鶏頭花/岡本眸

鶏頭を撲ち撲つ雨の白き鞭/杞陽

鶏頭の一抹の朱わが生に/桂信子

夕市に鶏頭売れり金盥/沢木欣一

鶏頭は百姓の花肉厚く/大井雅人

生マ瓦千枚土臭種鶏頭/野澤節子

俳句例:21句目~

鶏頭は蜑の焚きさす煙かな/嵐雪

鶏頭の影地に倒れ壁に立つ/林徹

内祝鶏頭の茎色づきて/高澤良一

鶏頭や陸送の舟雫くしつ/下田稔

雁を飛ばす火種の鶏頭花/齋藤玄

鶏頭や村學究の狭き庭/寺田寅彦

頭より起す鶏頭風の中/池元道雄

鶏頭の白からんまで露微塵/青邨

鶏頭や団十郎の何の隈/野村喜舟

道傍に小き祠や鶏頭花/寺田寅彦

鶏頭や一つは育つこぼれ種/太祇

鶏頭は茎まで赤し山の風/大串章

鶏頭の赤が最も暗き庭/山田弘子

抜く茎に力残りて枯鶏頭/梅田男

角瓶に鶏頭を挿す詩人邸/辻田克巳

鶏頭に佇ち閻王を招来す/伊豆三郷

鶏頭に雨そゝぐ朝恥重し/小林康治

透明の傘干してあり鶏頭花/中拓夫

鶏頭に秋の哀れは無かりけり/闌更

鶏頭になびく草なし秋旱/島田五空

俳句例:41句目~

掃溜に鶏頭赤し納屋の口/寺田寅彦

隣濱による不漁や鶏頭頃/内田百間

離れ家や門田のわきの鶏頭哉/文皮

暮の火影鶏頭の野路迷けり/調菅子

鶏頭に外套長き毛氏の像/横山房子

雨宿りせる軒先の鶏頭花/高澤良一

雨風に挑み鶏頭爛れけり/小林康治

鶏頭に太鼓叩くや本門寺/夏目漱石

鶏頭の林に君を送るかな/子規句集

猫車ふれて倒るる鶏頭花/井口冨子

鶏頭の炎の先へ蟻上る/深見けん二

鶏頭の穂先とびちる野分かな/八束

鶏頭の紅夕焼の落し子か/三好潤子

鶏頭の頭化け物めく遠野/高澤良一

鶏頭や遊行を拝む道の端/子規句集

鶏頭の十本ばかり百姓家/子規句集

玄関の鉢にか細き槍鶏頭/嶋田麻紀

南方の空のむら雲鶏頭花/飯田蛇笏

鶏頭や油ぎつたる花の色/正岡子規

鶏頭は土を掴みて倒れたる/中田剛

俳句例:61句目~

鶏頭は増上慢の菩薩かな/野村喜舟

鶏頭は燃ゆる簪瞽女の道/佐川広治

朝の舟鶏頭の朱を離れたり/大串章

一本の鶏頭燃えて戦終る/加藤楸邨

一瞥に偸む鶏頭の炎かな/小林康治

鶏頭は燃ゆれど空は高けれど/篠原

三尺の童の丈は枯鶏頭/殿村菟絲子

鶏頭やお伝の墓の天王寺/野村喜舟

鶏頭やかの天竺の白き象/尾崎迷堂

二三本鶏頭咲けり墓の間/正岡子規

鶏頭やされども赤き唐辛子/森澄雄

窯変の壺鶏頭の炎を束に/荒井正隆

鶏頭の初心の赤を失はず/東野礼子

鶏頭のチカ~~と虹色に/京極杞陽

枯のぼる葉は物うしや鶏頭花/万乎

鶏頭の出歩きいるや闇の中/徳弘純

仲わるき隣鶏頭火の如し/野村喜舟

風立ちぬ鶏頭の丹の目に溢れ/康治

鶏頭に隠るゝ如し昼の酒/石田波郷

鶏頭や傾城町の垣根にも/松瀬青々

俳句例:81句目~

鶏頭や小使部屋の狭き庭/寺田寅彦

鶏頭や紺屋の庭に紅久し/尾崎放哉

鶏頭や襷はづして縁に尼/橋本鶏二

鶏頭や鎌倉の寺嵯峨の寺/尾崎迷堂

鶏頭を墓と思うて山泊り/鈴木太郎

鶏頭の傾きあひて色深し/八木耕石

鶏頭を火と見る齢過ぎしかな/林翔

鶏頭を父露草を母とこそ/齋藤愼爾

鶏頭に後れず或夜月の雁/夏目漱石

鶏頭を花とおもはず城の址/中田剛

鶏頭を離るる影と残る影/綾部仁喜

鶏頭を黒うてらすやけふの月/文鳥

鶏頭燃ゆ子規と波郷を何貫く/林翔

鶏頭花空気違へば彩違ふ/高澤良一

鶏の足鱗を病むや鶏頭風/内田百間

墓洗ふ露の鶏頭応へをり/小林康治

槍鶏頭十四五本の影交す/西岡正保

歌麿の墓の鶏頭真つ盛り/佐藤博重

夕蝉に鶏頭がまづ暮るるなり/林火

鶏頭の倒れしままの朝あり/桂信子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ