季語/干鰈(ほしがれい)を使った俳句

「干鰈」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「干鰈」について

【表記】干鰈

【読み方】ほしがれい

【ローマ字読み】hoshigarei

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ほ」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

干鰈を含む俳句例

山の名の酒は立山干鰈/小島健

直送の縄鮮しき干鰈/川崎展宏

干鰈桃散る里の便かな/室生犀星

一枚二枚空々寂々干鰈/川崎展宏

古平の宿の軒端の干鰈/野村泊月

干鰈眼窩に涙せしあとか/山中蛍火

初市の裸灯に透けり干鰈/伊藤京子

薄幸に似て青空の干鰈/しかい良通

干鰈海の六道風に揺れ/河野多希女

五代続く旅籠の朝の干鰈/今泉貞鳳

紅格子途切れ小浜の干鰈/加古宗也

古き津の軒重なれり干鰈/佐野美智

砂浜に雫おとさず鰈干す/松村蒼石

軒低く干す小鰈や斑雪/鈴木真砂女

春月のひと夜の白さ干鰈/文挾夫佐恵

軒ごとに干しある鰈梅日和/岸風三楼

路地多し到るところに鰈干す/森田峠

ひらひらと風の手形の干鰈/国井遭子

送水会の後の日和に鰈干す/伊藤京子

若狭曇り薄身をさらす干鰈/本宮鼎三

俳句例:21句目~

秋風にかさこそと鳴り干鰈/長谷川櫂

片時雨取込む鰈の一夜干し/北野民夫

門松を立てて鰈を干してある/辻桃子

防波堤おぼるる涛や干鰈/水原秋桜子

鰈干す簀に降る砂や春の風/吉田冬葉

干鰈のはらの子あらは雪催ひ/高島筍雄

干鰈はららご共に焼けてけり/石塚友二

干鰈焼くまでの骨透きにけり/草間時彦

干鰈の四枚五枚と焼かれけり/森川暁水

買初となすしろがねの干鰈/岡本差知子

身を透ける風が吹くなり干鰈/布川武男

ありなしの目で雲呼べる干鰈/丸山昭子

蓮如忌や鰈を干して山の中/大峯あきら

たば風に鳴りて鰈の一夜干/つじ加代子

ならべ干す鰈の上に置き手紙/吉屋信子

鰈干すかつては華の廓路地/すずき波浪

乾きつつなほ眼が寄りぬ干鰈/高見岳子

われ関せず焉と干鰈反りに反る/大橋敦子

花町のさびれし室津鰈干す/山内/二三子

保護色であった鰈が干してある/池田澄子

俳句例:41句目~

人が干す鰈吾家も干さんと急ぐ/細谷源二

世に飽きしまなこみひらく干鰈/仙田洋子

櫻咲くにまのある空や鰈干す/加藤三七子

はよ焼けよはららごの透く干鰈/石川桂郎

煙草の葉鰈のごとく干されゐる/田中冬二

日の暮れも離れぬ風や干し鰈/梶山千鶴子

干し鰈その浄瑠璃的目がしら/吉田透思朗

陽のさしてやっと眠れる干鰈/中嶋いづる

短日のしゝむら透いて干し鰈/赤城さかえ

鰈干す風に小米花の咲きにけり/西島麦南

夫婦してかうばしがれる干鰈かな/森川暁水

荒るる日の雪まじりなる干鰈/阿部みどり女

月明き夜干しの鰈ひらりひらり/下村ひろし

ひとが干す鰈吾家も干さむと歩む/細谷源二

烏賊干して鰈を干して雪に住む/鈴木真砂女

鏝の火に焼きふくらする干鰈かな/森川暁水

山の向うは雪が降りゐて干鰈/長谷川かな女

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ