季語/春めく(はるめく)を使った俳句

「春めく」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春めく」について

【表記】春めく

【読み方】はるめく

【ローマ字読み】harumeku

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春動く(はるうごく:harugoku)

・春きざす(はるきざす:harukizasu)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の時候」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

春めくを含む俳句例

枯山の脊骨腰骨春めきぬ/林翔

赤坂の春めく宵の待合せ/星野椿

魚鱗一閃水中に春動く/高崎武義

春動く魔性離れし崖氷柱/松本進

春動く低きに流れ信濃川/森澄雄

春めきて水嵩ましぬ吉野川/一茶

春兆す億年という水の音/沢野弘

雪国にぽたぽたの星春動く/澄雄

春めきし雨に瀬ばしる磧/飯田蛇笏

水晶の大塊に春きざすなり/小澤實

春めきし水を渡りて向島/高浜虚子

鮒売や春めく笊を打重ね/野村喜舟

春めくや藪ありて雪ありて雪/一茶

礼受けて春めき居るや草の庵/太祇

春めきて仄月宮は高浪に/飯田蛇笏

春めくや畑に立ちたる島の人/大串章

毬つく子二人泉に春兆す/町田しげき

魁けて春めくよ槻が触るゝ星/及川貞

柳ありて春めく早し水辺宿/島田青峰

大杉の下の小杉の春めく日/飯田龍太

俳句例:21句目~

雪車立てて少し春めく垣根かな/一茶

春めきし野山消え去る夕かげり/虚子

手を洗ひをへて思ひぬ春めくと/黄枝

春めきし箒の先を土ころげ/星野立子

春めくや襟巻もせぬ小買物/高濱年尾

春きざす海より揚げし紅き魚/上村占

苗代の参差と山邊春めきぬ/石井露月

結びたる雨の雫も春めきぬ/高橋卯木

笹飴むく朱盆の上や春めきて/原月舟

春めきしそゞろ心や衣を裁つ/くに女

春めくと人は堤の上を行く/椎橋清翠

春めくや西日に小鳥ちら~す/原石鼎

山一つ二つ俄に春めきし/宇佐美魚目

林中に小径幾筋春めきぬ/小川田鶴子

春めくや人さまざまの伊勢参り/荷兮

春めくや赤らひく日の西の島/上村占

春動く雀環に飛び地に恋猫/石塚友二

春めくや人に仕へし述懐も/永井龍男

山々ややっと春めき直暮る/小林一茶

春めきて写楽の描きし男かな/皆吉司

俳句例:41句目~

春めくや女は女返へり見る/椎橋清翠

春めきし風と覚えつ急かずゆく/立子

草よりも影に春めく色を見し/高木晴子

えいほうと松も春めく東海道/高澤良一

裁鋏春めく布地やはらかし/岡田晏司子

遠雷ののちの夜風の春めく日/飯田龍太

醪泡つぶやく土間の春めくも/吉田彌生

阿蘇煙る雲の衣裳の春きざし/石原八束

大枝を卸すといふは春めきて/後藤夜半

ゆらゆらと水底の春動きだす/戸田明子

小野の鳶雲に上りて春めきぬ/飯田蛇笏

春めきし心は外に向いてをり/小川竜雄

一寸だけ春めく山の花きぶし/高澤良一

一病者春めく雲とただよへり/角川源義

春めきし銀座の街の音の中/成瀬正とし

春めきて又曇る日を惜しみけり/原月舟

春めきて眼に直なるは麦の畝/飯田蛇笏

春めきて髪を短く切ることも/稲畑汀子

土踏めば柔かき思ひ春めく日/島田青峰

地球儀の深海に春きざすなり/掛井広通

俳句例:61句目~

補聴器にはづむ波音春きざす/島村野青

春めきぬ雲間の津軽海峡も/八木林之介

遠浅の海と聞くさえ春めきて/高澤良一

雨粒の滂沱たる玻璃春めきぬ/山本歩禅

手術の灯春めく色と思ひ浴ぶ/牧野春駒

春めくと家路半ばにして思ふ/高澤良一

春めくと梯子の上で父が言ふ/菖蒲あや

春めくと片目つぶりに剥製師/佐藤鬼房

春めくと礼状の文字軽きかな/高沼稲穂

春めくと見し野の果の一つ星/山本歩禅

春めくや人の噂を尼もする/小林千代子

春めくや宵の一ト雨尻切れに/小杉余子

春めくや百済観音すくと立ち/和田悟朗

春動く地の方寸に彳つるとき/石田雄貴

春めくや築地は海の朧より/大場白水郎

春めくや花絵揃へし食器棚/芝山喜久子

春めくや銀ほどきたる猫柳/吉岡禅寺洞

春めくや風に倦みたるかかり凧/滝澤清

春めく灯あすの人参けふ洗はれ/草田男

春めきて昨日と同じ雨ならず/岩垣子鹿

俳句例:81句目~

水の影春めく障子あけにけり/野村泊月

熊笹に春めく艶のありにけり/今泉貞鳳

片手ぶくろ失ひしより春めくや/及川貞

絵暦の満洲の春めくりみる/大場白水郎

午後からの春めく山の匂ひかな/田口冬生

さざなみの春めく田川貨車長し/伊藤敬子

さざ波の見えて林の春うごく/鷲谷七菜子

春めきし人の往来を聞きて病む/高濱年尾

まながひに雲ぞ春めく吸入器/吉岡禅寺洞

安田講堂春めく月を上げにけり/橋本榮治

オリオン座ひくゝ生れぬ春めくや/及川貞

クロッカス一輪春めく日も一輪/高澤良一

子の髪に櫛入るゝ我れ春めきぬ/渡邊水巴

春めきしことにも焚火して遊ぶ/後藤夜半

含羞いま春めく丘に誰かゐる/河野多希女

土の香の濡れて春めく庭なりし/稲畑汀子

春めくと枯木の枝の日の微塵/長谷川素逝

春めきて濃くなるばかり嶺の雲/飯田蛇笏

手品にも芸風ひらひら春めく指/高澤良一

春めくや童画の太陽いびつに大/大橋敦子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ