季語/憲法記念日(けんぽうきねんび)を使った俳句

「憲法記念日」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「憲法記念日」について

【表記】憲法記念日

【読み方】けんぽうきねんび

【ローマ字読み】kempokinembi

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「け」で始まる春の季語

・「春の行事」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

憲法記念日を含む俳句例

憲法記念日あれけふうららなり/林翔

憲法記念日第九條を砦とし/加藤耕子

カレー新鮮憲法記念日の卓に/木村勇一

切株に憲法記念日のリュック/細井啓司

憲法記念日をひた走る快速車/楠本憲吉

憲法記念日罐詰にもある裏表/佐藤正賢

憲法記念日裏町長屋見透しに/石川桂郎

無為沐浴憲法記念日も暮るる/福永鳴風

読む気せず憲法記念日の社説/井出和幸

憲法記念日何はあれけふうららなり/林翔

憲法記念日インコ初めて喋りけり/佐藤よし

憲法記念日砂鉄のやうに家族寄る/田中哲也

日の丸の少なき憲法記念日かな/瀧澤伊代次

憲法記念日秩父の雉に啼かれけり/鈴木しげを

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ