季語/六阿弥陀詣(ろくあみだもうで)を使った俳句

「六阿弥陀詣」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「六阿弥陀詣」について

【表記】六阿弥陀詣

【読み方】ろくあみだもうで

【ローマ字読み】rokuamidamode

子季語・関連季語・傍題・類語など

・六阿弥陀参(ろくあみだまいり:rokuamidamairi)

・六阿弥陀(ろくあみだ:rokuamida)

季節による分類

・「ろ」で始まる春の季語

・「春の行事」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

六阿弥陀詣を含む俳句例

六阿弥陀かけて鳴らむ時鳥/榎本其角

亀戸は工区の香して六阿弥陀/内野波間

六阿弥陀とて坂多き埃路を/安岡浄机子

六阿弥陀居つて拝む人はなし/中村亀玉

六阿弥陀詣での婆が地下鉄に/小野/博

野の道や梅から梅へ六阿弥陀/正岡子規

六阿弥陀あかがねの秋至りけり/岡井省二

六阿弥陀梅見つゝ道はかどらず/佐久間龍花

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ