季語/アネモネを使った俳句

「アネモネ」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「アネモネ」について

【表記】アネモネ

【読み方】あねもね

【ローマ字読み】anemone

子季語・関連季語・傍題・類語など

・紅花翁草(べにばなおきなぐさ:benibanaokinagusa)

・はないちげ(はないちげ:hanaichige)

・ぼたんいちげ(ぼたんいちげ:botanichige)

季節による分類

・「あ」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

アネモネを含む俳句例

アネモネに少し重たき雨雫/東京子

アネモネに鼻梁の影を見失ふ/須藤徹

アネモネや手紙短く書き直す/岡本眸

アネモネの紫挿せる日吉館/二宮英子

アネモネの紫淋し紅を買ふ/高浜年尾

アネモネはしほれ鞄は打重ね/高濱虚子

茎を曲げ生ふるアネモネ頑に/高澤良一

アネモネを剪りたる後の荒畠/福永耕二

アネモネや紅き火中の唇と唇/仙田洋子

アネモネは瓶に短かく卒業す/岸風三楼

アネモネも散華に加ふ雛会式/杉山郁夫

アネモネの花の陰より白き足/有馬朗人

アネモネの花蕊昏しや脳死論/和田祥子

アネモネやよべの嵐の濤のあと/黒木野雨

アネモネの開ききつたる母の部屋/皆吉司

蚊淡く飛びアネモネに日当れり/新井声風

アネモネに不良の匂ひして真昼/櫂未知子

アネモネに綴る日記に灯を低く/遠藤梧逸

真黒な怒りかくさずアネモネは/行方克巳

奔放に活けてアネモネ江戸切子/橋本瑞枝

俳句例:21句目~

アネモネや父に持たせる女傘/正木ゆう子

アネモネのまづ紫が立ち直る/水原秋櫻子

アネモネのむらさき面会謝絶中/石田波郷

アネモネや姉妹ふたりの理髪店/大森理恵

アネモネの蕊黒し家追はれをり/岡田貞峰

灯消さばとアネモネ詠みし君を祝ぐ/及川貞

たつぷりと寝てアネモネの日曜日/高澤良一

アネモネに昼たけし海たひらなり/斎藤道子

アネモネの花くつがへしをるは虻/高野素十

アネモネの花の崩るる昼の地震/塩谷はつ枝

アネモネの薄き花びら風に散る/高司/良恵

アネモネやきらきらきらと窓に海/草間時彦

アネモネや来世も空は濃むらさき/中嶋秀子

アネモネやタンゴ流るる理髪店/梅田圭一郎

アネモネや千里の先に吾れを置き/栗林千津

アネモネや寡黙となりし俸給日/山田みづえ

アネモネや恋育てゐる子の電話/深澤/厚子

アネモネをコップに挿して画材店/岩崎健一

アネモネを呉れと人来て戸を叩く/前田普羅

風に棲むアネモネ思いつめやすし/鎌倉佐弓

俳句例:41句目~

きさらぎのアネモネいろの棺かな/北見さとる

アネモネや煙草のけむりむらさきに/館岡沙緻

アネモネや留守を預かる料理メモ/麻植/悦子

アネモネや神々の世もなまぐさし/鍵和田釉子

アネモネのごと一病をかかえたる/宇多喜代子

アネモネや雨の降る夜の映画観て/和田耕三郎

アネモネのこの花束は亡娘にわかつ/角川照子

アネモネの花いとけなくしどけなく/石田郷子

アネモネを抱けば上昇気流にのる/八木三日女

アネモネを貨車がゆるがす友の下宿/酒井弘司

アネモネ剪る鋏に匂ひうつしつつ/古賀まり子

夜はねむい子にアネモネは睡い花/後藤比奈夫

アネモネやひらひらと来る招待状/櫛原希伊子

アネモネに髪乾きゆくさびしさよ/渡邊千枝子

アネモネのふくみし怒気に気付きたる/行方克巳

アネモネやひとりのお茶のしづごころ/日野草城

アネモネを産むアネモネの地獄晴れ/増田まさみ

サングラスかけて外してアネモネ買ふ/行方克巳

アネモネのこの灯を消さば崩ほれむ/殿村莵絲子

手のアネモネ闇ばかりゆく灯の電車/中村草田男

俳句例:61句目~

アネモネに油玉のやうなルドンの眼/小檜山繁子

まつさらなノートいろいろアネモネ語/永末恵子

人参の葉っぱのやうなやつはアネモネ/高澤良一

グラスの酒透けりアネモネ濃むらさき/柴田白葉女

アネモネのむらさき濃くて揺らぐなし/水原秋櫻子

アネモネ咲きにゆるむ河口や耳とづるもののみが聴く象潟は/西王燦

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ