季語/衣被(きぬかつぎ)を使った俳句

「衣被」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「衣被」について

【表記】衣被

【読み方】きぬかつぎ

【ローマ字読み】kinukatsugi

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「き」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

衣被を含む俳句例

悉く全集にあり衣被/田中裕明

此の人の訛うつくし衣被/森竜南

衣被豊かに齢重ね合ひ/下鉢清子

衣被立正安國論蔵す/佐々木六戈

衣被むく敬老の日の父と/皆川白陀

居酒屋の凭れ柱や衣被/河西みつる

この秋の底浚ひてや衣被/長谷川櫂

衣被人の別離に相寄りて/館岡沙緻

懸案の一事果たしぬ衣被/高澤良一

衣被好み江戸つ子三代目/脇坂啓子

やがてさす月の光や衣被/長谷川櫂

今生のいまが倖せ衣被/鈴木真砂女

天窓の下は母の座衣被/広田恵美子

衣被李白を憶ふ杜甫の詩/長谷川櫂

洛中の風乾くなり衣被/藤田あけ烏

判り易く話す御仁や衣被/高澤良一

衣被焼べて炉話芳しき/藤原たかを

衣被遠ざかりゆく櫂の音/原田青児

善光寺宿の膳にも衣被/佐藤ともえ

破れたる大きな笊に衣被/長谷川櫂

俳句例:21句目~

衣被月を尋ねぬせり子もなし/露甘

船旅を終へし食卓衣被/稲畑廣太郎

衣被月を尋ねぬせり子もなし/露甘

婚の膳通夜の夜食に衣被/甘田正翠

初ものと言ふは不揃ひ衣被/藤浦昭代

山住みに馴れし夕餉の衣被/平岡保人

この頃のだまされ上手衣被/赤池周子

衣被酒の進みてより所望/稲畑廣太郎

蛇の衣被ぐ葎も枯れてけり/石塚友二

六兵衛の皿に盛られて衣被/青柳照葉

娘にもある痣が哀しや衣被/青木重行

指折りて老けたる月夜衣被/後藤夜半

衣脱がぬこやつはしこめ衣被/稲岡長

砧てふところのなまへ衣被/田中裕明

衣被三つほど母に供へけり/今泉貞鳳

綺麗事みんなつまらぬ衣被/高澤良一

衣被旅に誘はれゐたりけり/須川洋子

子にうつす故里なまり衣被/石橋秀野

衣被酔ふとつぶやく肥後訛/松本陽平

鍬の跡ざつくりとあり衣被/長谷川櫂

俳句例:41句目~

齢もて知るよろこびも衣被/岡田和子

古稀いまだ孫なき日々や衣被/青木重行

土佐沖のうねりまともや衣被/斎藤梅子

何となく独り身をかし衣被/山田みづえ

うつくしい人がゐました衣被/櫂未知子

生きのこるもの拙くて衣被/正木ゆう子

衣被優しきことを云はれをり/赤坂友子

衣被大伯父逝つてしまひけり/橋本榮治

衣被のつぺらぼうな顔がある/鈴木貞雄

衣被母がよく食べよく老いぬ/白川京子

衣被病む目いつまで遊ばしむ/小坂順子

かかる日のかかる思ひや衣被/角川春樹

遠き日のするりと逃げる衣被/長山あや

ほこ~と歯にやさしさや衣被/河野静雲

去来忌や塩を添へある衣被/山村美恵子

雨夜きて仏の前のきぬかつぎ/大野林火

朧月左右の木の間や衣かつぎ/椎本才麿

夜ふかしの口さみしさに衣被/片山鶏頭子

衣被だまつておいてゆきくれし/高澤良一

衣被嫁かずば故郷無きに似て/つじ加代子

俳句例:61句目~

衣被をとこにあまえられゐたり/大石悦子

衣被剥くにつけても不器用な/島田みつ子

衣被剥きつゝぼやく何のかんの/高澤良一

写真見る昔ふとりしきぬかつぎ/高浜虚子

我が妻はやつちゃば育ち衣被/大久保白村

母君の客よろこびてきぬかつぎ/星野立子

きぬかつぎつるり嘘つく夫の舌/熊谷愛子

たわいなく老いてつるりと衣被/北見さとる

きぬかつぎ指先立てて食うべけり/草間時彦

種芋を撰りたるあとのきぬかつぎ/柏崎夢香

衣被などもなつかしがられけり/黒米松青子

きぬかつぎ月より白したふべかり/村井四四三女

無事なものだけ食べてをりきぬかつぎ/中村伸郎

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ