季語/終戦記念日(しゅうせんきねんび)を使った俳句

「終戦記念日」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「終戦記念日」について

【表記】終戦記念日

【読み方】しゅうせんきねんび

【ローマ字読み】shusenkinembi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・終戦の日(しゅうせんのひ:shusennohi)

・敗戦の日(はいせんのひ:haisennohi)

・終戦日(しゅうせんび:shusembi)

・敗戦日(はいせんび:haisembi)

・敗戦忌(はいせんき:haisenki)

季節による分類

・「し」で始まる秋の季語

・「秋の行事」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

終戦記念日を含む俳句例

日本中八月十五日暁/池田澄子

箸置に箸八月十五日/川崎展宏

我泪見て妻笑ふ終戦日/岩脇五風

八月十五日木影が家の中/中田剛

新聞の隅々漁る終戦日/高澤良一

石榴握りしめ終戦日弟よ/原田喬

に塩ふつて八月十五日/栗原雅代

松杉うらがは八月十五日/松澤昭

湾に浮く朝の黒富士敗戦忌/益田清

省略の多き生き方終戦忌/御崎敏江

合鍵で開ける八月十五日/内田美紗

病院は軍艦に似て終戦日/高澤良一

抱き地蔵軽き八月十五日/犬塚南川

桜貝は遺骨八月十五日/櫛原希伊子

水打つて桑戸八月十五日/川崎展宏

茶煙の短く立てる終戦日/高澤良一

落日も河も壮年終戦日/小檜山繁子

片爪の蟹這ふ八月十五日/木内彰志

空缶を蹴つて八月十五日/那須淳男

空蝉や背割れ八月十五日/河野南畦

俳句例:21句目~

船の胴水吐き八月十五日/池田秀水

鳴き砂の浜の八月十五日/丸山嵐人

青柿の累々と終戦日なり/有馬籌子

終戦日夕餉の椀に貝の砂/今村妙子

半鐘の錆吹く村の終戦日/羽吹利夫

腕組んで眠る女や敗戦忌/渡辺夏紀

天牛の机を噛めり敗戦忌/白岩三郎

木立みな影を短く敗戦日/作田幸子

大皿に握り飯ある終戦日/都筑智子

天皇と皇后のゐる終戦日/齋藤美規

沖に陽の長き沈黙敗戦日/伊藤文子

三猿が支ふる巨像敗戦忌/香西照雄

叫喚に似る落日の敗戦忌/小出秋光

掩体に蝙蝠巣くふ終戦日/高澤良一

敗戦を語らぬ夫や敗戦忌/松原みき

敗戦忌檻を信じて虎の前/大塚まや

敗戦忌都庁茜の空にあり/成島淑子

木立みな影を短く敗戦忌/作田幸子

卓袱台で卵割る音敗戦日/高澤良一

流す汗今若からず終戦日/手島靖一

俳句例:41句目~

灰皿に灰横たはる終戦日/高澤良一

終戦日芦の中より舳出て/友岡子郷

店頭の鮎を見てをり終戦日/川崎展宏

けふの花木槿落ちけり終戦日/及川貞

終戦日母の祈りの海に向く/植木緑愁

森の黙に星座集いて敗戦忌/酒井弘司

落書が紙幣にありて敗戦忌/土生重次

敗戦忌寝ざめの胸毛茫々と/中島斌雄

終戦日路傍に拾ふ一円貨/初川トミ子

また一つ歯を失へり終戦日/矢野滴水

子の声の傷無き若さ敗戦日/岡田貞峰

敗戦日戦ひし子に供華せめて/及川貞

敗戦日人を上目に豚が見る/川口重美

隣へ貸す八月十五日の大鍋/寺井谷子

敗戦日働く蟻の腰くびれ/松倉ゆずる

白むくげ白無垢八月十五日/川崎展宏

九官鳥を真似る直立終戦日/嶋野國夫

片蔭も無く行く八月十五日/須川洋子

敗戦忌人の話のややうたて/辻田克巳

土熱く灼けゐし記憶終戦日/沢木欣一

俳句例:61句目~

季なしの茸を炒め敗戦日/鳥居美智子

南冥の明けやらぬ空敗戦日/武澤林子

米櫃に棲むははの声敗戦忌/木田千女

血のごとき一声の蝉終戦日/桜井博道

敗戦日少年に川いまも流れ/矢島渚男

嗚呼嗚呼と鴉八月十五日/北見さとる

泪とも汗ともわかぬ終戦日/今泉貞鳳

洋装で草履はく母終戦日/尾沼チヨ子

洗ひ場の塩乾びたる終戦日/宮坂静生

戦死戦災死者忘却や敗戦忌/橋本夢道

片蔭に過去の片蔭終戦日/百合山羽公

終戦の人ら泳げり敗戦日/鈴木六林男

醤油瓶醤油尽きかけ終戦日/高澤良一

糠床に粗塩を足す終戦日/丸山美奈子

紙一枚で男が去りし終戦日/醍醐味風

八月十五日烈火の薔薇を買ふ/石寒太

八月十五日ますます乱反射/有馬英子

終戦日といふ一日を人はみな/岸田稚

敗戦忌煤け雀の地に降りて/岸風三樓

終戦日ゆふべ真白き米磨いで/樋笠文

俳句例:81句目~

しろがねの葬花八月十五日/猿山木魂

終戦忌杉山に夜のざんざ降り/森澄雄

鳩に横顔見せて男の敗戦忌/堀部節子

髪染めて己あざむく終戦日/雨宮抱星

雲間より烈日出でて敗戦忌/竹田一郎

道頓堀を靴流れゆく敗戦忌/木田千女

終戦日子の直球を受けにけり/小島健

夕焼けてすさむ家うち敗戦忌/岡本眸

終戦日戦友と奉納機関車触る/河秀風

命綱たのむをかしさ敗戦忌/巌谷小波

終戦日柊の木をいじめたり/宮坂静生

しらじらと橋を曝せり終戦日/西村和子

青柿の真昼地を打つ敗戦日/岡本まち子

風のあることが救ひや敗戦日/高澤良一

この空を奈落より見き敗戦忌/岡田貞峰

茣蓙を巻くことも八月十五日/柿本多映

近づききて過ぎゆく八月十五日/的野雄

一切は過去と云うても敗戦忌/高澤良一

原色のシャツに横文字終戦日/西尾照子

堪ふる事いまは暑のみや終戦日/及川貞

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ