季語/麒麟草(きりんそう)を使った俳句

「麒麟草」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「麒麟草」について

【表記】麒麟草

【読み方】きりんそう

【ローマ字読み】kirinso

子季語・関連季語・傍題・類語など

・細葉麒麟草(ほそばきりんそう:hosobakirinso)

季節による分類

・「き」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

麒麟草を含む俳句例

きりん草一叢ごとの夕明り/石原歌

漂へる石工一団麒麟草/水野真由美

きりん草山深ければ水騒ぎ/平沢桂二

きりん草雲より忽と男出づ/澤田緑生

帰省子のみやこ恋しき麒麟草/森澄雄

雲湧いて崩れて秋の麒麟草/行方克巳

すさまじの黔き傷負ふ麒麟草/都筑智子

クレーンの首振る速さ麒麟草/河野良文

郵便函空らの日つづき麒麟草/槫沼けい一

きりん草咲けども焦土かくし得ず/岸風三樓

山葵田のこの径が好ききりん草/城戸和喜子

きりん草傘干され温泉の客発てり/依田由基人

ブルドーザの惰眠錆噴ききりん草/伊丹三樹彦

きりん草ゆらゆら月のある夜かな/金子麒麟草

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ