季語/眼白(めじろ)を使った俳句

「眼白」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「眼白」について

【表記】眼白

【読み方】めじろ

【ローマ字読み】mejiro

子季語・関連季語・傍題・類語など

・眼白押し(めじろおし:mejiroshi)

・眼白籠(めじろかご:mejirokago)

・眼白捕り(めじろとり:mejirotori)

・繍眼児(しゅうがんじ:shuganji)

季節による分類

・「め」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

眼白を含む俳句例

一色に目白囀る木の芽かな/浪化

雪嶺は天の奥なり目白籠/上村占

春暁の雀の中の目白かな/増田龍雨

目白にもをされぬ鶸の羽色哉/重頼

佗人や眼白落しに誘はれ/尾崎迷堂

鶯を目白を飼うて冬木宿/青木重行

目黒過ぎ目白を過ぎぬ年の暮/照敏

藪の中寒椿さき目白なき/田中冬二

陶工の往き来の径や眼白籠/高木良多

眼白飼ふや父が集めし棚人形/原月舟

梅汚れ番の目白来ずなりぬ/高澤良一

凧次第にふえぬ目白台/阿部みどり女

凜として雲の中から目白かな/井上秋

目白鳴く厠つづきの家の中/飯田龍太

口笛に答へ目白の高音来る/満田玲子

固くなる目白の糞や冬近し/室生犀星

夕凍みや目白のひそむ裏の畑/飴山實

目白飼ひ水仙つくり寺の寮/田中冬二

石弓で眼白落しぬ今朝の冬/吉田冬葉

花の中雀目白とこぼれ出づ/田中英子

俳句例:21句目~

豆柿の数より眼白多きかな/木南青椒

目白龍吊せばしなふ冬木かな/室生犀星

一通り見せ呉れ目白の軽業芸/高澤良一

三井寺の門にかけたり眼白籠/松瀬青々

梅白し目白は鳴かぬ禽ならね/林原耒井

梢より目白の囀り宇佐神社/滝沢伊代次

いそがしく目白花訪ひ寒櫻/八木林之介

杉垣に眼白飼ふ家を覗きけり/寺田寅彦

目白籠吊せばしなふ冬木かな/室生犀星

眼白来て庭の春秋はじまりし/稲畑汀子

眼白捕入れてしづもる雑木山/白井爽風

寒ざくら目白の群の舞ひ戻り/細川加賀

山の畑独りで守りて目白飼ふ/高橋利雄

目白飼ふ事を日課に病快く/大隈/米陽

目白折々椿の露を吸ひに来る/寺田寅彦

目白鳴く日向に妻と坐りたり/臼田亞浪

目白啼く日向に妻と坐りたり/臼田亜浪

竹山や目白が啼いて寒うなる/太田鴻村

マネキンを目白へ運び冬霞/山本鬼之助

目白きき日曜の朝は床にゐむ/加藤楸郁

俳句例:41句目~

花の山騒がしにくる目白かな/高澤良一

見えがてに目白の籠や年の梅/依光陽子

目白鳴くあなたが遠い日曜日/隈元拓夫

鏡中の目白身を寄せ出勤せり/宮崎二健

深山川氷りて目白歩きをり/大峯あきら

日向ぼこ眼白とる子を妨げそ/大橋櫻坡子

枝の目白籠の目白を見舞ひけり/巌谷小波

目を止めし目白の側に目白ゐて/高澤良一

目白捕る黐をコッコッ叩きをり/高澤良一

梅に来て松にあふれし目白かな/木津柳芽

目白来る夫の大声たしなめて/萩原/英子

眼白籠恵那晴るゝ日は簷に吊る/水谷晴光

眼白頬白一つ籠なる冬日かな/大谷碧雲居

さざなみの色を四隣に目白鳴く/永島転石

一寸留守目白落しに行かれけん/高浜虚子

一寸留守眼白落しに行かれけん/高浜虚子

花に来る眼白見えつつ授業かな/木村蕪城

一羽見えてより枯枝の眼白たち/野澤節子

一茶忌や柿より小さき目白来て/小東泰子

笹子来と云へば目白と正さるる/高澤良一

俳句例:61句目~

傾けて目白の眼鏡ははの眼鏡/鳥居おさむ

匍匐せる木を出て海へ眼白飛ぶ/茨木和生

逆しまに止まる目白を目白見て/高澤良一

南天の実をこぼしたる目白かな/正岡子規

団欒の灯を遠く住み目白飼う/やしま季晴

雨あとの紺屋と話す目白のこと/飯島晴子

領巾振山に目白増えたり沖つ波/斉藤夏風

暮れ遅き空に倦みたり目白刺し/千代田葛彦

川は名を替えて目白に別れたり/川名つぎお

籠の目白朝日散らしてゐたりけり/八木九鬼

群れてゐて目白鳴くでもなき日差/中山允晴

胃しくしく目白音立てず遊びをり/林原耒井

バッハ聴く大人に目白の飛びこみし/上村占

目白よりさへづり品川かじりつゝ/加藤郁乎

目白らが逃げないやうに眼で応ふ/高澤良一

へうときてへうといにたる目白哉/会津八一

ひさかきの花に眼白の巣引かな/大場白水郎

目白翔ち目にも止まらぬ一を引く/高澤良一

こぼれ飛ぶ目白に朝日ゆたかなり/丹羽啓子

目白の巣我一人知る他に告げず/松本たかし

俳句例:81句目~

見えかくれ居て花こぼす目白かな/富安風生

桑の葉のよく散る日なり目白追ふ/内田わかな

籠目白身近な月に落ちつかぬ/飛鳥田れい無公

紅葉して目白のうたも寂びにけり/篠田悌二郎

今朝も鳴きに目白が来たよ背戸の梅/寺田寅彦

連れ立ちて去りし目白の恵方かな/永峰久比古

着ぶくれて目白去りたるあとに座す/大石雄鬼

目白来ているしずかな鼓動たいせつに/中島伊都

炭火かぎろふまひる目白の声しげき/金尾梅の門

目白鳴く空ら枝に雪はあらざりき/飛鳥田れい無公

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ