季語/穀雨(こくう)を使った俳句

「穀雨」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「穀雨」について

【表記】穀雨

【読み方】こくう

【ローマ字読み】koku

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「こ」で始まる春の季語

・「春の時候」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

穀雨を含む俳句例

掘返す塊光る穀雨かな/西山泊雲

風眠り穀雨の音か夕早し/小倉緑村

傘立てて穀雨の雫地に膨れ/峰尾北兎

睡るとは不覚穀雨の散髪屋/高澤良一

鎌倉や穀雨を待たぬ窓の闇/石川桂郎

本当の雨脚となる穀雨かな/平井さち子

穀雨なる決断の指開きつつ/松田ひろむ

落款の少しかすれて穀雨かな/都筑智子

水郷に櫓の鳴き昏るる穀雨かな/市川花庭

苗床にうす日さしつゝ穀雨かな/西山泊雲

夜を境に風邪熱落したり穀雨/長谷川かな女

本読むは微酔のごとく穀雨かな/鳥居おさむ

石臼のはればれ打たる穀雨かな/瀧澤伊代次

穀雨かな記紀にしるせし野を歩く/伊藤敬子

琴屋来て琴鳴らし見る穀雨かな/長谷川かな女

伊勢の海の魚介ゆたかにして穀雨/長谷川かな女

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ