季語/草餅(くさもち)を使った俳句

「草餅」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「草餅」について

【表記】草餅

【読み方】くさもち

【ローマ字読み】kusamochi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・草の餅(くさのもち:kusanomochi)

・蓬餅(よもぎもち:yomogimochi)

・母子餅(ほうこもち:hokomochi)

季節による分類

・「く」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

草餅を含む俳句例

草餅に異な振舞ひや鰌汁/士芳

桜餅草餅春も半かな/正岡子規

草餅や弁財天の池ほとり/篠原

草餅の草より青き匂かな/春和

草餅に我苔衣うつれかし/蕪村

草餅を売る両隣り墓石屋/森美樹

草餅や二つ並べて東山/角田竹冷

柴又や草餅青き年の暮/小澤碧童

草餅の今も摂待空海忌/久垣大輔

草餅に鶯餅の粉がつく/岸本尚毅

草餅や蓬か原の葭簀店/正岡子規

婆殿の忌日忘れそ蓬餅/正岡子規

草餅や中仙道に一里塚/福原紫朗

草餅や当直熱き茶を運び/藤本とき

草餅の柔かければ母恋し/川端茅舎

草餅や野川にながす袂草/芝不器男

草餅や襟巻かたき湯治人/島田青峰

久女忌を過ぎて草餅塩の味/穴井太

草餅や男山より鳶舞ひて/大島民郎

草餅や板間二枚の置き畳/友岡子郷

俳句例:21句目~

草餅や二三本ある草の筋/相島虚吼

奈良七重草餅十二神将に/田仲了司

草餅や床に藤原朝臣の図/堀口星眠

故郷や母がいまさば蓬餅/正岡子規

草餅や口上云はぬ使の子/小杉余子

旅人や馬から落す草の餅/正岡子規

草餅は蓬黄粉は豆にして/正岡子規

餅になる草何々ぞ背戸畑/正岡子規

雛様をなぐさめ顔の蓬餅/正岡子規

隣から草餅くれぬ旅戻り/野村泊月

草餅のその幾臼の竈火ぞ/石塚友二

草餅のこゝは灸の名所哉/正岡子規

西行忌草餅にある結び処/鈴木鷹夫

尋ねよる蓬か宿や草の餅/正岡子規

草餅の重の風呂敷紺木綿/高浜虚子

草餅の十一臼目誰が搗く/皆川白陀

西行も名物あがれ草の餅/正岡子規

草餅に春埋火す火鉢かな/尾崎迷堂

草餅や大兵君が搗きし沢/亀井糸游

うぶごゑを待つや草餅桜餅/鈴木鷹夫

俳句例:41句目~

草餅の色濃きを食み雨ごもり/岡本眸

ふる里の母の草餅とはちがふ/今村青

草餅の褒めらるる小会議室/池田澄子

草餅の重箱重くいとけなく/福田蓼汀

草餅の香りは婆が自慢かな/幸田露伴

草餅の黄ナ粉入日の色に触る/菅裸馬

草餅の黄粉落せし胸のへん/高浜虚子

餅になる草何何ぞうなゐ達/正岡子規

草餅や上り框のまだ冷えて/細谷鳩舎

草餅や刈らずの丈の葭の夢/石田勝彦

大仏に草餅あげて戻りけり/正岡子規

婆々の留守草餅つゝく鴉哉/正岡子規

寺の奥より草餅を盆にのせ/中山純子

草餅や吉野の果の杉の箸/小笠原和男

草餅や実業団子召すまいか/正岡子規

草餅や川に栄えて過ぎし町/川門清明

草餅や思ひ思ひの旅出立チ/正岡子規

旅も果婆の草餅買つてやろ/白岩三郎

草餅や手のあと曇る重の蓋/小杉余子

草餅や映画となりし大師伝/大島民郎

俳句例:61句目~

暖かや草餅貰ひたる日より/荒井正隆

草餅や橋のたもとにして老舗/飴山實

草餅や死海巡礼いたしたく/平井照敏

草餅や海へ落ちこむ伊良古崎/上村占

納屋邃く草餅奉行臼据ゑて/小林康治

草餅や清水寺の中の茶屋/山田栄美代

草餅や病めるは心ひらきけり/齋藤玄

草餅といふは母ゐし四十代/石川桂郎

草餅とヤクルト供え水子仏/深尾法順

草餅にあられを煎るやほろ~と/嵐雪

草餅や登山の博士学士達/石島雉子郎

草餅につきませてある霞哉/正岡子規

草餅に憩うて淋し一人旅/高橋淡路女

草餅を提げて江戸川堤かな/上田和子

草餅や足もとに著く渡し舟/富安風生

草餅や雨の小家の八重桜/岡本癖三酔

草餅や鶫歩いてゆきしのみ/岸本尚毅

草餅を作る気になり蓬摘む/椎野房子

草餅を焼く天平の色に焼く/有馬朗人

草餅を配りに雪を踏んで来し/飴山實

俳句例:81句目~

草餅のこゝは蓬の名所かな/正岡子規

草餅を食べ芳しき嘘をつく/坊城俊樹

草餅売る軍神の母は哀し/藤田ユリ子

鄙なれば蓬草餅まゐらする/正岡子規

草餅の包みに掛けて赤い紐/川崎展宏

草餅の少し固くて柔らかし/高野素十

草餅の指のくぼみのつくり癖/渋川絢

ちよつとだけ供へ草餅頂きぬ/北村仁子

草餅や茶を替へて聞く雨の音/遠藤はつ

草餅や茶筒抜く音ははの音/大村フサエ

草餅の焦げて父の世匂ひけり/平賀扶人

草餅の濃きも淡きも母つくる/山口青邨

二日灸草餅あぶる香は誰ぞ/岡本癖三酔

出来立ての草餅を掌に室生口/佐藤映二

壺披露に控へ草餅さくら餅/中戸川朝人

草餅や軒端の山を眺めもし/楠目橙黄子

草餅やもとより急ぐ旅ならず/角川春樹

店頭で搗きて草餅よく売れる/高間礼子

草餅や鴉をわらふあづま歌/水原秋櫻子

念力の草餅を搗きあげにけり/小林康治

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ