季語/都踊(みやこおどり)を使った俳句

「都踊」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「都踊」について

【表記】都踊

【読み方】みやこおどり

【ローマ字読み】miyakodori

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「み」で始まる春の季語

・「春の行事」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

都踊を含む俳句例

おうおうと男掛声都踊/山口誓子

裏方として老い都踊かな/有働亨

帯に挿す都踊の出番表/松本青風

見覚えの赤塀都踊見に/開田華羽

褄とって都踊の出番の妓/林富佐子

はるばると都踊の番組を/京極杞陽

花冷のけふより都踊かな/高濱年尾

震災をうつつに都踊かな/山内山彦

足先のつめたき都踊かな/藤田三郎

ことよせて都踊の京に在り/高木石子

青木賊都踊は音洩らさず/波多野爽波

つづみ打つ肉手丁々都踊/橋本多佳子

都をどり舞台目細の顔ばかり/及川貞

小さくて都踊に出てくるよ/京極杞陽

春の夜や都踊はよういやさ/日野草城

背丈よくそろひて都踊の妓/岩崎照子

藪があり都踊がありにけり/京極杞陽

都をどり霰降る夜の篝燃え/渡辺水巴

都踊の紅提灯に灯が入りぬ/宇田零雨

そもそもは都踊で見染めけり/日野草城

俳句例:21句目~

よく見たる都踊のひろ子かな/高濱虚子

祇園よし都踊のはねてより/松本つよし

都踊はヨーイヤサほゝゑまし/京極杞陽

尼様の来てゐる都踊かな/山内/年日子

月夜なりし都をどりを帰る影/渡邊水巴

夏目先生入洛都踊のころ/久保田万太郎

都をどり観給ふ母を見てゐたり/大串章

出を待てる都踊の妓がのぞく/長谷川素逝

鉦チョキチョキ都踊は今なかば/高浜虚子

トランプをして待つ都踊かな/五十嵐播水

都をどりをみなの翳を重ねけり/中島月笠

都をどり硝子のやうな舞妓の目/沖/久治

都をどり笛を吹く妓の幼な顔/高林とよ子

衣擦れの行き交ふ都踊かな/佐土井智津子

師のうしろ都をどりを見るごとし/萩原麦草

都をどり造花のさくら庭のさくら/山口青邨

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ