季語/蒟蒻掘る(こんにゃくほる)を使った俳句

「蒟蒻掘る」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蒟蒻掘る」について

【表記】蒟蒻掘る

【読み方】こんにゃくほる

【ローマ字読み】konnyakuhoru

子季語・関連季語・傍題・類語など

・蒟蒻玉(こんにゃくだま:konnyakudama)

・蒟蒻玉掘る(こんにゃくだまほる:konnyakudamahoru)

・蒟蒻玉干す(こんにゃくだまほす:konnyakudamahosu)

・蒟蒻干す(こんにゃくほす:konnyakuhosu)

・蒟蒻の簾干(こんにゃくのすだれぼし:konnyakunosudareboshi)

・蒟蒻すだれ(こんにゃくすだれ:konnyakusudare)

季節による分類

・「こ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「仲冬」に分類される季語

月ごとの分類

12月の季語

スポンサーリンク

蒟蒻掘るを含む俳句例

初月に蒟蒻玉を掘る光り/萩原麦草

蒟蒻を陰干にして山住ひ/谷口君子

三日月に蒟蒻玉を掘る光り/萩原麦草

夕闇の蒟蒻掘がこちら向く/児玉輝代

急斜面蒟蒻掘をひとり置き/館岡沙緻

白息の出てより声す蒟蒻掘/松本康男

蒟蒻を妙義颪に干してあり/斎藤花辰

蒟蒻を掘る遠方に雪来たり/岸風三樓

蒟蒻掘る人を覆ひし山の影/浅見さよ

顔あげし蒟蒻掘りの女かな/安藤尚子

和紙の里蒟蒻玉を道に干し/今井真寿美

山干しの蒟蒻に来る山の影/野崎ゆり香

山捨つる心蒟蒻掘りあぐる/杉浦蜻蛉子

籾朶を焚き蒟蒻掘りの山昼餉/斎藤花辰

蒟蒻を掘るや甘楽の山日和/佐々木有風

蒟蒻掘る善根宿の夫婦かな/加倉井秋を

蒟蒻掘る夫婦に吉野山幾重/橋本多桂子

蒟蒻玉掘るに火山灰土抵抗す/萩原麦草

山の影に押さるる日向蒟蒻掘る/奈良文夫

蒟蒻を掘りゐる景の峡に入る/浜井武之助

俳句例:21句目~

蒟蒻を掘り散らしたる遠嶺かな/古舘曹人

蒟蒻掘紅蓮の焚火あげて暮る/馬場移公子

崖畑に老いてすがりて蒟蒻掘る/加藤知世子

日蔭育ちの蒟蒻芋を掘りころがす/津田清子

火を焚きてゐしが蒟蒻掘りに散る/宮津昭彦

蒟蒻干す山すれすれに日のわたり/大熊輝一

蒟蒻掘るあめつち昏るる中に孤り/成瀬櫻桃子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ