季語/えり簀編むを使った俳句

「えり簀編む」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「えり簀編む」について

【表記】えり簀編む

【読み方】えりすあむ

【ローマ字読み】erisuamu

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「え」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「仲冬」に分類される季語

月ごとの分類

12月の季語

スポンサーリンク

えり簀編むを含む俳句例

頬被とれば媼やえり簀編む/中山碧城

えり簀編む大風除の聳えたり/高濱年尾

横櫛をさす女房のえり簀編み/高野素十

えり簀竹尻に撓めて編みにけり/稲継あきを

えり簀編むその棕梠繩に手を痛め/高濱年尾

えり簀編眩ゆき沖を手にかばふ/米沢吾亦紅

唐崎の茶屋の女房もえり簀編み/大坪野呂子

湖あれを窓にえり簀を編みゐたり/高濱年尾

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ