季語/黄葉(こうよう)を使った俳句

「黄葉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「黄葉」について

【表記】黄葉

【読み方】こうよう

【ローマ字読み】koyo_

子季語・関連季語・傍題・類語など

・もみじ(もみじ:momiji__)

・もみじば(もみじば:momijiba)

・黄葉する草木(もみじするくさき:momijisurukusaki)

季節による分類

・「こ」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

黄葉を含む俳句例

大海へ及ぶ蔓草黄葉せる/山西雅子

いち早く自然薯黄葉狐雨/高澤良一

神品の桂黄葉とうち仰ぎ/高澤良一

捨聖片瀬の黄葉舞ふ中を/高澤良一

大木の桂黄葉に湧く出湯/高澤良一

一遍の念仏札めく散黄葉/高澤良一

日の光鏤め銀杏黄葉散る/工藤久平

山吹の黄葉ひら~山眠る/前田普羅

大煙あげて黄葉をたく人よ/原石鼎

大銀杏黄葉に空の退ける/原田一郎

富士川の川原畑の桑黄葉/山口青邨

薄紅葉薄黄葉へと差を始む/蔦三郎

駅広場銀杏黄葉に旅の人/戸田利枝

高原の柞黄葉の一色に/甲斐謙次郎

黄葉して柳せり出す梓川/高澤良一

黄葉の一樹に山の影及ぶ/嶋田麻紀

黄葉山谷間漂ふ霧も黄に/高澤良一

接吻の子が身を反らす黄葉かげ/林翔

紅葉黄葉油ッ紙のやうな色/京極杞陽

凋落の一歩手前の黄葉とも/高澤良一

俳句例:21句目~

敷松葉して方丈の大障子/中田黄葉子

米栂の憮然に舞へる樺黄葉/高澤良一

なつかしき人散紅葉散黄葉/稲畑汀子

旅人に黄葉明りの径深く/足立/玉翠

日が差して境内欅黄葉いろ/高澤良一

磴の数銀杏黄葉にきはまれり/不破博

アカシヤの黄葉まみれの巴里雀/林翔

初霜や黄葉ほろ~と垣枳殻/西山泊雲

火の山の裏白蓼のみな黄葉/岡田日郎

前山のぽかぽか黄葉共同湯/高澤良一

滝音に驚き黄葉したりけり/高澤良一

句達者の中の鈍才黄葉明り/関森勝夫

明るさの銀杏黄葉を夕景に/稲畑汀子

乗鞍の黄葉颪と云ふに遭ふ/高澤良一

桂黄葉原始林帯など冷たき/臼田亞浪

墓四五基櫟黄葉の下にあり/穴井研石

二大樹の銀杏黄葉の消耗戦/高澤良一

沙羅黄葉枯山水を明るくす/高見孝子

いち迅く湯川水草黄葉して/高澤良一

松の中銀杏黄葉の一本が/岡田むつ子

俳句例:41句目~

大銀杏黄葉間引かれ素寒貧/高澤良一

枝中に幹澄む銀杏黄葉かな/京極杞陽

子心も鄙び銀杏の黄葉手に/京極杞陽

木の瘤に巣箱明るく黄葉期/相沢静思

二上山の黄葉に連ぬ旅の顔/巌谷小波

山桑黄葉藁雀の鈴が届いた/金子皆子

山芋の黄葉せる道和みけり/高澤良一

栃黄葉打つ雨音に包まれし/高澤良一

幼くて岩根を照らす栃黄葉/堀口星眠

若かりし頃の思ひ出桑黄葉/倉田素直

夜の黄葉運河に並ぶ娼婦館/棚山波朗

薄黄葉欅と桂の取り合はせ/高澤良一

貴人のごとく桂の黄葉みる/高澤良一

軽気球銀杏黄葉の蔭になり/鈴木花蓑

銀杏黄葉大阪馴染なく歩む/宮本幸二

青空にふれし枝先より黄葉/岩岡中正

音楽と夫の手とあり黄葉に/小池文子

本門寺の銀杏黄葉を農暦/遠藤ふみ江

片削ぎのままの歳月栃黄葉/福永耕二

魁けて山藤黄葉雷雨急/阿部みどり女

俳句例:61句目~

大いなる銀杏黄葉や明治節/鈴木花蓑

黄葉して隠れ現る零余子蔓/高浜虚子

黄葉どき髪膚完爾と硫黄泉/高澤良一

倉庫裏銀杏黄葉が明るくす/沢木欣一

黄葉の山を左手の船路かな/清原枴童

黄葉は散り紅葉は旺んなり/高野素十

黄葉ふる風に銀狐の逆毛立つ/瀧春一

黄葉を踏む明るさが靴底に/内藤吐天

黄葉一樹輝きたてり紅葉山/西山泊雲

美術館へ続く黄葉のアプローチ/みえ

黄葉掃くいづれ寒山拾得か/加藤耕子

黄葉見に洗ひ晒しの一枚着/高澤良一

散黄葉天龍も老い流れゆく/百合山羽公

紅葉より黄葉へ霧の音走る/小松崎爽青

桑黄葉いろの秩父の日中ゆく/高澤良一

山泉つるくさはやく黄葉せり/飯田蛇笏

アカシヤの黄葉洩れ日や簗場径/森総彦

山芋の黄葉慰めなき世なり/百合山羽公

硫黄の香虎杖黄葉したりけり/高澤良一

明るさの暗さの銀杏黄葉かな/行方克巳

俳句例:81句目~

心から消えぬ明るさ萩黄葉/後藤比奈夫

乗鞍の雨来て黄葉素っ飛べり/高澤良一

萩黄葉しぬ枯葉しぬ落葉しぬ/後藤夜半

萩黄葉日がな日暮のやうな空/山田弘子

落葉松苗王国なせり黄葉して/堀口星眠

葉先まで綺麗に蘿葡黄葉して/高澤良一

葛黄葉遠慮がちなる色合ひに/高澤良一

晩年の景紅葉浴び黄葉焚く/小松崎爽青

睡蓮の黄葉あちこち沈みをり/岸本尚毅

薄黄葉水はながれて還らざる/高澤良一

痛快に黄葉降れるや湯壺の上/高澤良一

今日にして詳らかなる萩黄葉/後藤夜半

付和雷同銀杏黄葉の散り急ぐ/杉山青風

阿弥陀光桂黄葉の押し照るは/高澤良一

病室の中まで黄葉してくるや/石田波郷

図書館の固き木椅子や楢黄葉/内田雅子

風吹いていよよ黄葉の破れ傘/岡田日郎

地の黄葉踏めば靴型人の婚ヘ/寺田京子

夕日抱く大萩黄葉なりしかな/山田弘子

夕闇に化仏の笑ひ黄葉散る/伊藤いと子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ