季語/煙草の花(たばこのはな)を使った俳句

「煙草の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「煙草の花」について

【表記】煙草の花

【読み方】たばこのはな

【ローマ字読み】tabakonohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・花煙草(はなたばこ:hanatabako)

季節による分類

・「た」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

煙草の花を含む俳句例

花煙草土臭き雨通りけり/宮岡計次

花煙草ここらも法の山畑/柴原保佳

棉つみや煙草の花の見て休む/蕪村

海青き島の傾斜や花煙草/池田俊男

花たばこ噴煙厚き峡の空/白澤良子

雨雲は山離れゆく花煙草/永方裕子

花煙草浦々に散るミサ帰り/古賀寿代

七谷の花たばこ人恋ふる色/巌谷小波

能登青し煙草の花に通り雨/細川加賀

花煙草最上濁流かがやけり/堀口星眠

花煙草摘むにやゝ酔ひ山の畑/西村数

夕づきて遠野に淡し花煙草/竹澤英子

花煙草十分に葉の大きかり/高澤良一

花煙草一身隠し摘みすすむ/田中隆子

花煙草どこか幼き浅間山/二反田秋弓

精悍のさまに川痩せ花煙草/佐藤鬼房

焼跡の煙草の花を隠すなし/石田波郷

煙草の花改札口に子供の瞳/桜井博道

水惜しむ兵を睡らせ煙草の花/片山桃史

雹受けし葉のずた~や花煙草/瀬野直堂

俳句例:21句目~

花煙草盛りの淡し農婦病む/馬場移公子

見えて来し開拓村や花たばこ/室生礪川

乾きたる道の続くや花煙草/副島いみ子

花たばこ空に明日あり便りまつ/巌谷小波

花煙草しんしんと遠き山ありぬ/橋本政徳

日田越えの峠の小村花たばこ/吉田南窓子

花煙草北空はなし阿夫利嶺立つ/岩田昌寿

小田急で逃げたし秦野花たばこ/千田稲人

小さき駅煙草の花にかくれゐる/田中冬二

口能登や煙草の花のけぶりつゝ/沼田義明

畦道のつゞくかぎりは花煙草/小野/鶴子

砂丘畑煙草の花を掻きゐたり/野村多賀子

煙草のない日煙草の花さき澄み/吉岡禅寺洞

棄てらるる身をうす紅に花たばこ/渡辺恭子

山の子の遊び暮れたり花たばこ/小田切輝雄

咲いてすぐ煙草の花の摘まれけり/幸/数限

ひろびろと旅明けわたる花煙草/山田みづえ

田舎医師の父のあけくれ煙草の花/石井哲夫

花たばこやさしき空の見えはじむ/中嶋秀子

行けどゆけど吉備の山みち花煙草/松尾いはほ

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ