毛深しを使用した俳句

毛深しに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

毛深しを含む俳句例

裸見せぬ秋暑毛深の幼児ら/林翔

人間に毛深き蝿の生れけり/島谷征良

仔牛の耳毛深雪降る音の底/大熊輝一

畦豆の毛深さもここ奥河内/中原鈴代

番長も俺も毛深きゆきのした/穴井太

秋晴を輓馬毛深く笞うたる/中島斌男

稲熟るる毛深き闇を戻りけり/穴井太

筍の関東といふ毛深さよ/鳥居美智子

太陽は毛深いものか桃熟るる/松林尚志

枯菊に馬は毛深き首を垂れ/北原志満子

毛深きは嘆きも深く涅槃絵図/大堀柊花

落葉旋風訣れは人を毛深くす/熊谷愛子

雨乞の禰宜の毛深き腕かな/梅沢しづ子

この頃の毛深くなりし秋の本/佐々木六戈

天体やゆうべ毛深きももすもも/折笠美秋

木菟啼くや毛深きのどをふくらまし/林徹

毛深きを罪と思えりゆすらうめ/寺井谷子

非情にも毛深き枇杷の若葉かな/上島鬼貫

みんな毛深い男裸でするナワ飛び/久保純夫

春の山毛深きものを手折りたり/正木ゆう子

俳句例:21句目~

毛深くてのろきつぶての春の蝿/小檜山繁子

群羊とすれちがう度毛深くなる/相原左義長

船乗りの毛深き腕やエリカ咲く/磯貝碧蹄館

野に降りて毛深きふたり歩むかな/竹本健司

タイトルとURLをコピーしました