かたばみの花を使用した俳句

かたばみの花に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

かたばみの花を含む俳句例

かたばみの花に波音休暇村/木村蕪城

良寛の桑門の道酢漿草より/高澤良一

かたばみの花の宿にもなりにけり/乙二

かたばみに雨ぴちぴちと雀の子/矢島渚男

かたばみの花大足が踏んで過ぐ/河野友人

かたばみの草に秘めある黄の花/高木晴子

かたばみや古都の果なる小漁港/池上樵人

かたばみや隣家の電話鳴りつづく/谷和子

かたばみを引きのこしたる庭の隅/上村占

かたばみを掃きいぢめたる箒かな/辻桃子

かたばみ草閉ぢ大門の鍵かける/堀田晴子

酢漿草の種の手に飛び顔に飛び/佐藤耶重

酢漿草にとどく子の文妻の文/新谷ひろし

かたばみの花うつほどの雨ならず/竹内素風

かたばみの花の淋しきかぎりかな/高澤良一

かたばみの花の混み合ふ仏通寺/垪和久仁子

かたばみの花より淋し住みわかれ/三橋鷹女

かたばみの黄が喚ぶ詣憶滅びし家/木村蕪城

かたばみが咲いてボンペイ遺跡かな/加藤世津

かたばみを捨てて電話に出でにけり/高澤良一

俳句例:21句目~

かたばみを見てゐる耳のうつくしさ/横山白虹

かたばみの花見るものの無ければ瞰る/高澤良一

まわるまわる黄色いスカートかたばみ咲く/こしのゆみこ

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました