轟きを使用した俳句

轟きに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

轟きを含む俳句例

螢滅し国道一号線轟く/木村蕪城

穴釣や氷湖轟く寧からず/新井石毛

轟きて名も荒川の秋の雷/鈴木鷹夫

寒凪の夜の濤一つ轟きぬ/川端茅舎

雪起し轟き渡り雪となる/金山有紘

やまうらの夕轟きやきじの声/空芽

高濤の轟きやすし盆の前/大井戸辿

湯地獄の底轟きて真炎天/西村公鳳

火縄銃城に轟く子供の日/岩崎悦子

冬涛の轟き攻むる沖の岩/浜田徳子

玄海の濤の轟く月の浜/伊藤いと子

おでん食ふよ轟くガード頭の上/篠原

元日の晴れて轟く午砲かな/島田青峰

南桶の轟きやまぬ花ゆすら/綾部仁喜

濤ひとつびとつ轟く野蒜摘/児玉小秋

轟きて湯柱立てり空に鵙/下村ひろし

長谷寺に法鼓轟く彼岸かな/高浜虚子

雪解川轟きゐたり流刑小屋/岡田加代

どどーんと轟く連山猟期入る/藤田真寛

外に多事雷も壮年の轟きに/平井さち子

俳句例:21句目~

天城嶺の芯に轟く日かみなり/白井新一

轟きに虹を架けたり那智の瀧/五島高資

雲轟きして鳥のつく枯蘆や/廣江八重櫻

飛騨山を雷轟きに指させる/鈴鹿野風呂

首夏の家朝に深夜に貨車轟き/石田波郷

枯れてもう考えぬ葦/日轟く/楠本憲吉

ついに鳴り轟きにけり寒の雷/川島彷徨子

山雨なほ轟き落ちて夏爐もゆ/松本たかし

蝶と来たり脚下のダムの轟きに/赤尾恵以

トラックの轟き秋蚕まろびけり/殿村菟絲子

モルダウの轟くなかのしづり雪/中村与謝男

枇杷実る大海の轟くところにて/長谷川かな女

轟くといふには遠き日雷/伊藤政美「天の森」

あかつきの海傾けて来る浪の磯に砕けて天に轟く/都筑省吾

タイトルとURLをコピーしました