とぼそ/枢を使用した俳句

とぼそ/枢に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

とぼそ/枢を含む俳句例

寒雀枢の音を嫌ふらし/藤田湘子

万歳のゑいやとはいる枢かな/竹也

花散るや伽藍の枢落とし行く/凡兆

この宿は水鶏もしらぬ扉かな/芭蕉

猫入れて枢落として梅月夜/中原鈴代

邯鄲の枢や捨ててこそ詩人/宮坂静生

小夜時雨枢おとして格子うち/石橋秀野

枇杷の花枢送りしあとを掃く/庄田春子

遠き世に枢をおとし露の堂/鷲谷七菜子

月に侘び霰にかこつとぼそかな/原石鼎

梅林の奥に網代のとぼそかな/野村泊月

花散るや留守のとぼその立箒/野村泊月

薬草をつれるとぼそや秋燕/鈴鹿野風呂

はなちるや伽藍の枢おとし行く/野澤凡兆

三月のとぼそのひまの粉雪かな/石橋秀野

柴漬を引くや伏見のとぼそより/会津八一

稲妻のひた~よするとぼそかな/高橋馬相

かくれ住む紅葉の奥のとぼそかな/野村泊月

しばらくは月をとぼその夜霧かな/飯田蛇笏

寒星やとぼそ洩る燈のおのづから/山口誓子

俳句例:21句目~

推せば鳴る草のとぼその鳴子かな/高浜虚子

清閑寺とぼその湿める青葉木菟/梶山千鶴子

雁帰るとぼそ明りにめざめをり/金尾梅の門

濡れつきて留守のとぼその落花かな/野村泊月

栗の花もむ嵐にとぼそ匂ひ満つ/飛鳥田れい無公

タイトルとURLをコピーしました