皮膚を使用した俳句

皮膚に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

皮膚を含む俳句例

新涼や皮膚一枚の象麒麟/増田陽一

雨蛙一枚青き皮膚持てり/立岩利夫

久に雪皮膚が象るわれ在りぬ/安西篤

玉霰花壇はつよき皮膚もてり/渋谷道

啓蟄や皮膚敏感に嚏する/阿部みどり女

憂鬱は皮膚囲いなり着重ねる/池田澄子

春の塔とぶハンカチは秋の皮膚/渋谷道

芋虫の皮膚張りつめし甲斐の空/日原傅

蛇殻を脱ぐ時触れし春の皮膚/五十嵐進

いちまいの皮膚を濡らして星月夜/石部明

一日果て皮膚の重さや合歓の花/三井つう

最果てに凍てし地球の皮膚呼吸/樽谷俊彦

杜氏健在新酒の色の皮膚をせり/栗生純夫

桜満開おのが身に皮膚いちまい/辻美奈子

花きすげオールが破る沼の皮膚/丸山海道

蝉の穴おのが身に皮膚いちまい/斎藤慎爾

蝉の穴死ぬるまで皮膚いちまい/齋藤愼爾

鵜ともぐる池面の皮膚を破りては/石口栄

海ハ荒海/割譲サレタル神ノ皮膚/夏石番矢

踊足袋ぴつたりと穿き皮膚となる/品川鈴子

俳句例:21句目~

雪がそそいで老牛の皮膚睡られず/加藤秋邨

この土のどこから襤褸どこから皮膚/水島洋一

剣鳶色花の皮膚もつアンドロメダ/河野多希女

汗の皮膚うごめくひかりあるくらさ/片山桃史

汗シャツがもう一枚の皮膚となる/藤原与志子

白南風にあらあらと皮膚呼吸かな/前田美智子

皮膚赤くマラソン終へて毛襯衣着る/中山純子

温めシャツに友の香皮膚を借りしやう/香西照雄

賃銀と切り離された労力の皮膚が汗して震動している機械/橋本夢道

タイトルとURLをコピーしました