こうもり傘を使用した俳句

こうもり傘に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

こうもり傘を含む俳句例

白張の蝙蝠傘や薬売/寺田寅彦

蝙蝠傘の裡鮮しや鵙の雨/桂信子

炎天へ蝙蝠傘を挿入す/あざ蓉子

下萌える蝙蝠傘の骨の数/徳弘純

秋寒し蝙蝠傘は杖につく/正岡子規

縁に干す蝙蝠傘や赤蜻蛉/寺田寅彦

鉄線花蝙蝠傘の通りけり/川崎慶子

桜桃忌蝙蝠傘を持ち歩く/柿本多映

帷子や蝙蝠傘のかいき裏/正岡子規

初雪に蝙蝠傘の行くことよ/川崎展宏

吉岡實的に寒夜の蝙蝠傘/高野ムツオ

春夫忌の蝙蝠傘を太く巻く/内田美紗

晩春の蝙蝠傘を巻き給え/宇多喜代子

旱魃田蝙蝠傘が訪ね来る/高野ムツオ

蝙蝠傘の骨が五月の砂山に/佐藤鬼房

蝙蝠傘ほどの幸せ抱いて待つ/徳弘純

蝙蝠傘林田紀音夫逝きたると/桂信子

偶然の蝙蝠傘が倒れてゐる/富澤赤黄男

猟夫と逢ひわれも蝙蝠傘肩に/山口誓子

洪水や泥に突っ立つ蝙蝠傘/尾崎椰子雨

俳句例:21句目~

蝙蝠傘に梅雨大つぶに木をくぐる/篠原

蝙蝠傘干さずに返し他人の妻/塚本邦雄

冬の朝日こうもり傘を干す妻に/古沢太穂

小正月蝙蝠傘を突きて出でし/廣江八重櫻

干しておく蝙蝠傘の下をおもふ/阿部青鞋

柄の大きかうもり傘より梅雨雫/高澤良一

蝙蝠傘がとぶ村妙にあかるい尖塔/西川徹郎

蝙蝠傘は異母兄弟である/ひらく/味元昭次

蝙蝠傘も冷房されている世なり/高野ムツオ

いつ迄も忘れられた儘で黒い蝙蝠傘/尾崎放哉

まだ死なぬこうもり傘に手を伸ばし/森田智子

小鳥渡るや蝙蝠傘直し行く路を/長谷川かな女

捨てられしこうもり傘や秋の風/ジャック/スタム

『こうもり傘の直し』くらしの修理は出来ぬであろうか/橋本夢道

タイトルとURLをコピーしました