きらきらを使用した俳句

きらきらに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

きらきらを含む俳句例

白山の雪きら~と暑かな/一茶

天界に散華きらきら蝉の昼/誓子

海きら~帆は紫に霞けり/森鴎外

海上を驟雨きらきら玉椿/岸本尚毅

きら~と天日に凧近づけり/及川貞

きら~と祭の街が露地の口/たかし

きら~と浜昼顔が先んじぬ/中村汀女

金箔に風きら~と熊手店/高橋淡路女

星きらきら氷となれるみをつくし/闌更

雨きらきら鬼灯市の夜空かな/北澤瑞史

きら~と松葉が落ちる松手入/星野立子

きら~と若葉に光る午時の風/子規句集

きら~と輝く種を蒔きにけり/星野立子

地獄灼け悪鬼の胸に汗きら~/横山白虹

紫陽花に雨きら~と蠅とべり/飯田蛇笏

きらきら姉の一行のごとし石川/阿部完市

炭の塵きらきら上がる炭を挽く/川崎展宏

炭団干す日和きらきら踏切まで/大野林火

きら~とまだ見ゆ雁の別かな/米澤吾亦紅

よろこべば言葉きらきら秋晴るゝ/大橋敦子

俳句例:21句目~

イヤリングきらきらスキー担ぎくる/木島松穹

地蔵会の井水きらきら汲まれけり/鈴木しげを

酒きらきら句ごころよしの厚着せる/河野南畦

除夜の花舗きらきら考へ詩人の瞳/加藤知世子

きら~と人日にあり露西亜菓子/長谷川かな女

ほそめし眼きらきらいもり死に真似す/加藤知世子

タイトルとURLをコピーしました