遮断機を使用した俳句

遮断機に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

遮断機を含む俳句例

遮断機の影身を下る寒月光/桂信子

遮断機の前の公園柿紅葉/中川/千舟

遮断機の向う明るし更衣/山重百合子

風花や遮断機ひとつの国境/八巻絹子

慈善鍋遮断機夜の音おろす/巌谷小波

天嶮のごと遮断機器冬の雷/小松崎爽青

秋風や遮断機胴のべに降りる/川口重美

遮断機に触るる温泉煙風花も/木村蕪城

遮断機のゆつくり上る蝶の昼/井本高登

遮断機の向かふの会釈黄水仙/中山咲枝

遮断機の律儀に下りて芋嵐/片山由美子

遮断機の真向ふ紫木蓮の花/柴田白葉女

遮断機を春の時雨の通りけり/柳/正子

遮断機を潜り朧の犬となる/草刈勢以子

遮断機垂れうしろの正面も炎天/穴井太

乳母車と蝶と急げり遮断機へ/田川飛旅子

遮断機の下りし向うの夜の焚火/木村蕪城

遮断機の前で握られ鳴く蝉よ/秋元不死男

遮断機の撥ねて恵方へ道ひらく/飯島正人

遮断機の降りたり焚火匂ひくる/椎橋清翠

俳句例:21句目~

遮断機をくぐる雪国かも知れず/対馬康子

やうやくにあがる遮断機夜の秋/戸谷たみ子

われのみを堰く遮断機や雪霏々と/塚原夜潮

冬至の月遮断機をいま越えにけり/吉田紫乃

遮断機はとくとく下ろす夜の枯木/中村汀女

遮断機を待つてくれたる夜霧かな/中村汀女

遮断機下りしまま夜となる広島は/橋本輝久

遮断機の向う遠のく祭笛/赤尾恵以「春意」

うらがれのはるか遮断機ひかりけり/木下夕爾

だしぬけに遮断機下りぬうらがるる/木下夕爾

遮断機にはこべは去年の座をひろげ/中村汀女

遮断機へもう一人来ておんなじ夕陽/井内邦子

春の花屋も遮断機に堰かれひしといる/栗林一石路

タイトルとURLをコピーしました