ブランコを使用した俳句

ブランコに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

ブランコを含む俳句例

ブランコの弓を射るよな赤い服/蘭東子

元日のブランコ漕ぐは王様か/岡本信男

鳥籠のブランコ揺する風五月/満田春日

ブランコの戻らぬ空を草の粥/増田まさみ

ブランコの木首吊りの木紅葉す/中嶋鬼谷

暑い夜のブランコ軋む基地の網/仲村阿莉

空の腕が迷宮ブランコはかるし/阿部完市

もの思ふ時ブランコにかくる癖/木村都由子

ブランコが揺れているのは暗号か/大西泰世

ブランコのゆれて青柿ふって来し/長野豊子

ブランコの子に帰らうと犬が啼く/菅原独去

冬に入る砂場ブランコ切れしまま/荻野輝子

日に月に空中ブランコのたうてり/攝津幸彦

母なき子ブランコ漕げば風が押す/柴田奈美

荒縄ブランコ紙芝居の柝近づき来/北野民夫

黙って霧のブランコを漕げ/父よ/星永文夫

ブランコに景色ひろきはものかなし/京極杞陽

ブランコを漕ぎてこの世を逃れ得ず/中嶋秀子

ブランコ軋むため傷つく寒き駅裏も/赤尾兜子

聖夜天よりブランコひとつ我に垂る/工藤克巳

俳句例:21句目~

ブランコの妻受胎して陽と揺れる/野ざらし延男

ブランコ余韻父子にハゼ釣れてる/みなとたいじ

拗ねてをり乗り捨てられしブランコが/西村和子

亡き子来て袖ひるがへしこぐとおもふ月白き夜の庭のブランコ/五島美代子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました