火を放つを使用した俳句

火を放つに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

火を放つを含む俳句例

色に出ぬ火を放ちけり枯葎/間石

長城へ切火を放つ初紅葉/神蔵器

枯芦に火を放ちたり渡守/角田竹冷

孫悟空火を放ちたる寒夕焼/那須淳男

悪霊のため紅梅に火を放つ/攝津幸彦

火を放つ心を持ちて枯野行/筑紫磐井

男出て火を放ちたり麦の秋/宮田正和

緑蔭に石割る鑿の火を放つ/小林洋正

蔵壁に火を放ちたる蔦紅葉/篠田悦子

古都の春招く神事の火を放つ/山田弘子

山焼きや無線合図に火を放つ/前橋春菜

指しなやか雑木林に火を放つ/和田悟朗

火を放ちたきほど毛虫犇めける/宮閑子

炭俵立ちしまま火を放たるる/内藤吐天

絮とばす前の芒に火を放つ/福田甲子雄

蓑虫や空き箱積んで火を放つ/石川桂郎

夕日が来て枯向日葵に火を放つ/三橋鷹女

山暮るゝ麦を蒔く田に火を放ち/張田裕恵

山畑に火を放ちをる七日かな/大峯あきら

枯草のなほ艶なるに火を放つ/百合山羽公

俳句例:21句目~

火を放つ前のやすらぎ山を焼く/岡田史乃

袖からげ僧がどんどの火を放つ/飯沼衣代

諍ひや野の蜂の巣に火を放つ/麻生あかり

浮塵子つく腑抜けの藁に火を放つ/野坂くに子

山を焼くプロメテウスの火を放ち/日比野さき枝

地獄門/血の葡萄酒に火を放てり/幻想と戀の白羊宮かな/筑紫磐井

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました