大仏殿を使用した俳句

大仏殿に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

大仏殿を含む俳句例

寒雀大仏殿を栖ひなる/誓子

朝霜や大佛殿の鼻柱/正岡子規

東大寺大仏殿裏穴惑/橋本榮治

永き日や大仏殿の普請声/李由

八月の大仏殿の暗さかな/長田等

初霞大仏殿を浮べたる/長谷川櫂

大仏殿蝿一匹の虚空かな/龍岡晋

蝙蝠や大仏殿の昼暗し/正岡子規

行く秋に大佛殿の嵐哉/正岡子規

大仏殿小窓開きて十三夜/斎藤夏風

大仏殿映りゐる水冬暖か/広谷春彦

大仏殿開きし窓の初明り/遠藤新樹

月上る大佛殿の足場かな/正岡子規

風花が大仏殿の松に遊ぶ/細見綾子

お山焼大仏殿もただならね/長谷川櫂

大仏殿鴟尾の上なる秋の雲/秋山花笠

大佛殿うしろに螢応へ合ふ/狹川青史

奈良なれば大仏殿や渡り鳥/尾崎迷堂

蟷螂の大仏殿に飛び込めり/三枝正子

二十日月大仏殿を軽くせり/井田みさ子

俳句例:21句目~

大仏殿いでて桜にあたたまる/西東三鬼

春の蚊の大仏殿に罷り入る/中野いさお

梅雨大扉入るや洞なす大仏殿/高澤良一

鐘つかぬ大仏殿と朝寝せり/百合山羽公

しづかなる汗流れ出づ大仏殿/広谷一風亭

大佛殿山焼の雲を負ひにけり/服部鹿頭矢

わつと夏野がありて大仏殿ありぬ/針呆介「夏野」

香煙や祖かくありし昼の虫/『定本石橋秀野句文集』

タイトルとURLをコピーしました