小波を使用した俳句

小波に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

小波を含む俳句例

春風や浅田の小波浅緑/暁台

小波の形をとどむ春氷/福本龍琶

風の途小波立つや花蓮/永井龍男

大豆干す小波よせて遣唐碑/平井梢

小波や芽柳凪ぎし余り風/鈴木花蓑

金放つ池の小波や大喜び/島田青峰

春寒の小波そこここ鴎とび/高木晴子

柳散るや小波もなき船片方/西山泊雲

氷の網月の小波立てゝ曳く/田畑比古

父の忌も紅梅も過ぎ小波す/永田耕衣

童女素足砂色小波四段ほど/香西照雄

金雀枝の大波小波/偏頭痛/村尾英美

鴨引きし湖の小波月夜かな/石田克子

土山や小浪が笠にしぐれふる/正岡子規

小波の来て泛子が立つ諸子釣/門田史湖

小波や見えては消ゆる芦の角/野村泊月

小波をたてて出水田夜となる/今瀬剛一

水馬どの小波もたそがれる/宇多喜代子

縄とびの大波小波猟期くる/大木あまり

小波の如くに雁の遠くなる/阿部みどり女

俳句例:21句目~

小波の立ちてうれしき植田かな/高野素十

小波を堰く紫のあやめかな/阿部みどり女

小波を溜めて芦の芽育ちたり/浅見千枝子

まくりたる袖に小波や若布採る/斉藤次三郎

小波の小とも見えあたたかし/阿部みどり女

少女のチェ口大波小波よぶ初秋/菅原せい二

かるの子のひとり出て行く小浪かな/暁台「几董句稿」

タイトルとURLをコピーしました