大気を使用した俳句

大気に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

大気を含む俳句例

緊張を大気に伝へ初桜/山田弘子

雷夕立関東大気不安定/高澤良一

五個空洞雷後の大気残響す/斎藤空華

夏痩へ榕樹が垂らす大気根/北野民夫

夕立のあとの大気や石拾ふ/渡辺水巴

山紅葉顔紅葉大気紅葉かな/平井照敏

烏瓜ぴりっと肌を刺す大気/高澤良一

霜旦の大気緊めゐる鶏の声/河野南畦

風はらみ芽柳大気青くせり/小峰宮子

ため息を大気へかへす未草/正木ゆう子

小寒の雨に大気のゆるみけり/稲畑汀子

春耕の大気弾ます土師の裔/館野ハツ子

曖昧な大気にギィーと朴の花/稲田豊子

椎匂ふ未生以前の大気かな/正木ゆう子

油蝉朝の大気を揺さぶりぬ/川又春桃子

熟れ桃や左右の大気の息づかひ/草田男

石楠花や朝の大気は高嶺より/渡邊水巴

紅粉つけた人は大気や白牡丹/立花北枝

肩に来る大気の重み春なかば/桑原三郎

天の原月出づる大気ながれけり/渡邊水巴

俳句例:21句目~

釣り上げし鱸にうごく大気かな/渡辺水巴

コレラ流行る都の大気秋の如し/大谷碧雲居

大気まで古代のものとなる立夏/高橋比呂子

野寒布の大気まさぐる雲丹の棘/小口たかし

門松や日の出の大気富士に凝り/佐野青陽人

冬ざくら咲きて大気の透きとほる/小松世史子

木の芽起しの夜となる大気琴の楽/河野多希女

タイトルとURLをコピーしました