飛行船を使用した俳句

飛行船に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

飛行船を含む俳句例

春昼のビルを港に飛行船/田中櫻子

芒山ゆらり眼の飛行船/八田部絢子

蓑虫や仰ぐ頭上に飛行船/国領恭子

人日の影をゆるりと飛行船/坂井二輪

春光や懐かしき名の飛行船/水原春郎

晩春の街を曳きゆく飛行船/能谷愛子

片腕の牛飼い飛行船憎む/田中久美子

花の雲押せ押せ雲の飛行船/吉原文音

苗床やふんはり浮ぶ飛行船/清水能舟

逆光の飛行船浮く流感都市/横山房子

飛行船あれ角隠し顔を上ぐ/攝津幸彦

飛行船の灯あかく来る短日/北原白秋

飛行船の真下に春の愁かな/飯島晴子

飛行船過ぎて人散る春の辻/横山房子

倒立や空をはみ出す飛行船/大地未知子

多喜二忌の夜空に白き飛行船/板谷芳浄

春風や窓開けてとぶ飛行船/松尾龍之介

炭坑消えし暮春の街を飛行船/中村効雨

飛行船ゆっくりはやく弥生くる/穴井太

西日へと向きかへてゐる飛行船/岡田史乃

俳句例:21句目~

飛行船山上にあり竹の子のせる/阿部完市

飛行船沖にひかれる寄居虫かな/野中亮介

恋人たちにレモン月夜の飛行船/草薙朱砂郎

あてなしともありとも霞み飛行船/平井さち子

いんげんの花の上ゆく飛行船/鈴木貞雄「麗月」

世のなかまでぶんぶん一飛行船もあり/阿部完市

大きい腹を見せて東京の夜の上をゆく飛行船です/橋本夢道

タイトルとURLをコピーしました