銀の匙を使用した俳句

銀の匙に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

銀の匙を含む俳句例

歳月の八十八夜銀の匙/伊藤君江

残雪や北欧に買ふ銀の匙/吉野義子

銀の匙光り寒九の水の中/鈴木初男

一本の華やぎ晩年の銀の匙/伊丹公子

初明り粉乳へ挿す銀の匙/田川飛旅子

如月や人の華燭の銀の匙/渡邊千枝子

春苺夫婦に銀の匙古りぬ/殿村莵絲子

銀の匙おけばチリンと冬隣/大塚憲二

銀の匙に麦粉そなへん漱石忌/中勘助

銀の匙もて雪嶺を窓に指す/神谷九品

幸来ずや苺をつぶす銀の匙/佐野まもる

火事の夜の女がつかふ銀の匙/古舘曹人

石焼藷銀の匙もてすくへるよ/山口青邨

秋の夜や紅茶をくゞる銀の匙/日野草城

花の夜の昂ぶりに置く銀の匙/加藤三陽

銀の匙嬰にふくませる砂糖水/河本修子

銀の匙象牙の箸やクリスマス/太田育子

露けしや平らに置いて銀の匙/中尾杏子

冬青空いつせいに置く銀の匙/水野真由美

春はすぐそこ離乳期の銀の匙/山崎ひさを

俳句例:21句目~

皆既月蝕凍て王女めく銀の匙/河野多希女

銀の匙添へて出されし雛あられ/高木耕人

夜のメロン銀の匙より冷たくて/持丸寿恵子

銀の匙もてゴンドラのメロン漕ぐ/浅賀渡洋

銀の匙アイスクリームを削りけり/野村喜舟

春灯つぶら『銀の匙』より復るもの/友岡子郷

鬱の日のゼリーを崩す銀の匙/末永雅子「春嶺同人句集」

タイトルとURLをコピーしました