四季を使用した俳句

四季に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

四季を含む俳句例

人生に四季は過客や渡り鳥/滝青佳

咲き残る四季山吹や更衣/会津八一

太陽は四季咲の花砂の国/津田清子

秋水に散る花淡く四季桜/金子寿々

二月の岬の社の四季ざくら/高濱年尾

四季の花みな美しき初暦/佐久間道子

秋土用四季咲薔薇の花に虫/橋本禾牛

門川の四季のはじめや落椿/尾崎迷堂

わが生誕前も四季あり返り花/池田澄子

初松魚江戸の口には四季の花/正岡子規

四季春と言へる雲南棉を摘む/恩智景子

大石忌四季桜咲く兼六園/伊舎堂根自子

待遠しき俳句は我や四季の国/三橋敏雄

忘れたや五十年見し四季の景/池田澄子

日本に四季詠む詩あり初講義/吉年虹二

歌塚の四季を訪はんと思ふ秋/高濱年尾

絵屏風の年惜めよと展く四季/亀井糸游

襖絵の四季うすれつつ城の秋/西本一都

G線に食ふ寝る尿る驢馬の四季/長澤奏子

いたゞかん秋の一葉の四季の梅/斯波園女

俳句例:21句目~

一茶墓碑四季の妙高山永久に前/河野静雲

京の四季舞うて餅搗はじまりぬ/森桂樹楼

四季咲きの薔薇の小さき冬の色/今井千鶴子

炉塞ぐや四季の句書きし軸一幅/楠目橙黄子

四季やあるモナ/リザのうしろの山河/渋谷道

四季薔薇もこの春の芽をむら立てぬ/五十崎古郷句集

墓場にも四季とふありて花かげに犬は交尾をつづけてをりぬ/時田則雄

タイトルとURLをコピーしました