火中を使用した俳句

火中に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

火中を含む俳句例

妻の役火中の栗をせせり出す/静塔

蘆火中淀の一水光りけり/井桁蒼水

清明の火中にをどる金銀紙/野沢節子

秋の暮読後火中の文交し/中戸川朝人

秋風や火中の鶴の嘴裂けて/渡邊水巴

達陀や火中の椿掃かれつゝ/黒田杏子

アネモネや紅き火中の唇と唇/仙田洋子

冬鶯火中出てなほ炎える鉄/大峯あきら

塵焼炉火中を通るぎすの声/百合山羽公

火中にて瓜馬立てり川旅餓鬼/石川桂郎

臘八に火中の蓮をつばらかに/寒川鼠骨

つづけさま火中の芦の倒れ燃ゆ/小路紫峡

どんど火の崩さる音の火中より/菖蒲あや

孟宗の雄ごゑおんべの火中より/高澤良一

左義長の火中に鶴の舞へりけり/古舘曹人

文ならぬいろはもかきて火中哉/松尾芭蕉

桐の花呵々と火中の手紙かな/小檜山繁子

毛虫総身黄金にして火中なり/櫛原希伊子

火中くぐりぬけし仏像鶏頭花/飯野きよ子

火中なほ火を噴く秋刀沖荒るゝ/山崎秋穂

俳句例:21句目~

火中なる達磨どんどの火を怒る/岸風三樓

枯菊のもゆる火中に花触れあふ/天野莫秋子

秋刀焼く火中に立つ父坐せる母/磯貝碧蹄館

もえぎ野の火中に問はむ殺すは愛か/折笠美秋

火中の栗掴みて捨て場のなかりけり/佐藤文子

雪を盛り据ゑし火中の鍋となりぬ/河東碧梧桐

薔薇を嗅ぎ火中を去りてゆくごとし/小檜山繁子

タイトルとURLをコピーしました