墓守を使用した俳句

墓守に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

墓守を含む俳句例

墓守の箒三昧夏鶯/増田治子

墓守の軒に子雀親雀/山口青邨

墓守が耕す冬田空小さし/細見綾子

墓守の娘に逢ひぬ冬木立/寺田寅彦

墓守の火種も消えて鉦叩/斎藤夏風

墓守や百日紅の下にゐる/岸本尚毅

猿石は姫の墓守鳥雲に/長谷川史郊

竃舌蘭の花刈るなかれ御墓守/篠原

龍舌蘭の花刈るなかれ御墓守/篠原

墓守にして花守の二三言/深見けん二

墓守の火を焚きつぐも雪の上/岸田稚

墓守の落葉掃き居る頭巾哉/寺田寅彦

彼岸会の墓守に置く心付け/大石英子

時忠の墓守よ雁わたりしか/細見綾子

時忠の墓守稲を刈りゐたり/井上玉枝

法被の紺匂ふ墓守御命講/中川はぎの

白皃の墓守にして紫蘇のはう/中田剛

苧環や歌そらんずる御墓守/福田蓼汀

墓守がこちら見てゐる春の墓/鈴木鷹夫

墓守が知る朴の葉の落つる音/細見綾子

俳句例:21句目~

墓守の子は蟲売りに市へ行く/寺田寅彦

墓守の家に火が見え閑古鳥/鷲谷七菜子

墓守の湖を見つつや瓜食める/関戸靖子

墓守の老婆と遊び草を引く/猿橋統流子

墓守はものおぼえよく霜柱/鳥居美智子

寒鵙の今を墓守の妻も聴けり/下村槐太

淡き日に墓守が焚く春落葉/古賀まり子

墓守に碧落のあり日のさくら/沼尻巳津子

墓守の地下足袋干され秋ざくら/鈴木岑夫

タイトルとURLをコピーしました