仏師を使用した俳句

仏師に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

仏師を含む俳句例

栴檀は佛師か宿の蚊遣かな/森鴎外

相国寺仏師を入れて年用意/中西蘖

佛師今くちびるに雪眉に雪/岸本尚毅

八月や男生みたる佛師が妻/寺田寅彦

夜を彫る佛師の軒端花の枝/黒田杏子

寒菊や佛師が妻の肺を病む/寺田寅彦

工房の仏師に二度の夜食かな/林裕子

御降りや仏師に箔を貰ふ事/久米正雄

月光や仏師が漆練つてをり/小澤克己

朝鵙に鑿を置きたる仏師かな/小澤實

木仏師や水のごとくに藤筵/古舘曹人

止利仏師衾裾を刳り春の宵/和田悟朗

行年の仏師は国に帰りけり/田中寒楼

お蝋番してお十夜の仏師かな/山口燕青

世に疎く住みて仏師の冬籠る/山口燕青

彫り進む仏師に桐の花明り/金子きくゑ

撫で廻し昼寝顔消す仏師かな/山口燕青

新涼のこつこつこつと仏師達/古舘曹人

秋風や仏師ちひさく仏のもと/河野静雲

ほとゝぎす仏師も耳を刻むとき/横井也有

俳句例:21句目~

仏師住む庵あり僧都鳴つており/富田潮児

夕東風につれだちてくる佛師達/田中裕明

透き通り仏師の家の郁子のあめ/高澤良一

頭巾きて僧にかも似て仏師かな/山口燕青

仏師逝き火なき囲炉裏を残したる/牧野春駒

沙羅ひらくひかりに仏師鑿を研ぐ/羽田岳水

花ゆすら滋賀の仏師に京から弟子/宮下初子

鹿火屋の火もえてをりけん仏師らに/京極杞陽

タイトルとURLをコピーしました