墨染めを使用した俳句

墨染めに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

墨染めを含む俳句例

うら若き墨染衣玉芍薬/細見綾子

墨染のうしろ姿や壬生念仏/太祇

墨染を着て眼前の寒椿/村上賢一

ほのめくや墨染桜夕月夜/正岡子規

吉兆の墨染なりし初鴎/青柳志解樹

墨染に泪のあとの夜寒哉/正岡子規

墨染に衣かへたり最明寺/正岡子規

墨染の僧にとび交ふ螽かな/原石鼎

墨染の袂に入れし蛍かな/大田康夫

墨染を銀座に見たる鳥曇/新井礼子

駢拇の身を墨染や桐火桶/高井几董

高徳の墨染桜散りにけり/正岡子規

墨染に故郷の秋の深からめ/中川宋淵

墨染の我も笑はむはなの春/幸田露伴

墨染の葡萄一房皿にあり/田川飛旅子

墨染の袖吹きあぐる花野哉/正岡子規

墨染めの衣駈けゆく花の雨/澤田律子

鶺鴒の墨染得度巣立ちけり/堀口星眠

うき人を墨染にせん夏書かな/正岡子規

墨染に鯛彼桜いつかこちけん/榎本其角

俳句例:21句目~

墨染のうしろすがたや壬生念仏/炭太祇

墨染のうすしとも見え山茶花に/原石鼎

墨染の中のふぐりも暑からむ/鈴木鷹夫

墨染の夜のにしきや鉢たゝき/蕪村遺稿

末黒野を墨染めの僧来るはよし/森澄雄

見送れば墨染に成り花になり花/千代尼

墨染を恋ひしき色にうすごろも/手塚美佐

墨染の名を問へばおはぐろ蜻蛉哉/寺田寅彦

墨染の蝶もとぶ也秋の風/一茶/文政五年壬午

タイトルとURLをコピーしました