路上を使用した俳句

路上に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

路上を含む俳句例

恋仇川泥暑き路上たり/三谷昭

頭なき鰤が路上に血を流す/誓子

十月の路上父の手冷たかり/三谷昭

黒猫の路上に座り良夜なる/名取鳳声

花藤に路上の風の移りけり/太田鴻村

凩や路上とびくる反古を踏む/森田峠

若者の路上芸術落葉降る/古賀まり子

寒月や路上ピエロの白化粧/仙田洋子

春しぐれ路上念なき街の鳩/林原耒井

柩車ゆく路上絡繹たる雪後/西島麥南

久女忌の路上に蹴られ厚氷/肥田埜勝美

仏だんに供ふ路上で買ひし桃/細見綾子

紅梅や夕日の影が路上を占む/大井雅人

花のごと掃きし路上の初荷屑/山田文男

歳末の路上ちらばるマッチの軸/穴井太

風光る路上の喧嘩見て過ぎぬ/原子公平

鳥取温泉路上寒烏賊売がゐて/木村蕪城

リラの風われは路上の一異物/小檜山繁子

名月も是を路上に見たりけり/相生垣瓜人

悄然たる路上の馬を雛の間より/金子兜太

俳句例:21句目~

風の子の路上スケート麦萌ゆる/関根淑子

正午が過ぎ路上の犬が泡立つよ/坪内稔典

ゴリラ路上に瞳孔という壺かかえ/井手都子

ひとたまりもなく我冴ゆる路上かな/中島月笠

ネオン射すたび詐欺めいて路上の梨/伊丹公子

玻璃の気泡路上にうつす寒夜の灯/川島彷徨子

母が路上に薄れゆくみやまおだまき/若森京子

九月になった路上で幼児のすももの耳/伊丹公子

落花澄む路上日かげと居る小鳥/飛鳥田れい無公

路上に蜜柑轢かれて今日をつつがなし/原子公平

路上ジャズ/トリオ路上の蚊遣かな/笠井百合彦

わが顔のひとり突つ切る路上寒む/飛鳥田れい無公

路上に舞ふ落葉とブエノスアイレスの雀/高澤良一

路上のこと忘れゐて菊をかぐかな/飛鳥田れい無公

<我>よりも影が木体となる真昼あまたの死体を呑みし路上に/光栄堯夫

タイトルとURLをコピーしました