葡萄酒を使用した俳句

葡萄酒に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

葡萄酒を含む俳句例

葡萄酒の蜂の広告や一頁/正岡子規

葡萄酒に酔つて藤切祭見る/皆川盤水

葡萄酒の壜はあげ底緑の風/平井照敏

葡萄酒の徳利にいけん杜若/正岡子規

葡萄酒の滓引にほふ寒夜かな/甲子雄

夏めくや葡萄酒の白冷しをり/角川春樹

葡萄酒のねむれる蔵に残る虫/石原八束

葡萄酒の壜と乞食冴えゐたり/小池文子

葡萄酒の瓶にさしけり赤き菊/寺田寅彦

葡萄酒を饗す葡萄を籠に盛り/平畑静塔

黒人へこぼるる雪と葡萄酒と/対馬康子

ビール苦く葡萄酒渋し薔薇の花/正岡子規

古葡萄酒聖夜をすごし又古ぶ/能村登四郎

葡萄酒の色にさきけりさくら草/永井荷風

葡萄酒の赤をふくめば西鶴忌/すずき波浪

びいどろや葡萄酒の色の殉教史/文挾夫佐恵

病み果ての葡萄酒ふくむ春の雪/鷲谷七菜子

鳥巣立つ葡萄酒の透く日の中へ/福田甲子雄

すゐつちよの鳴く葡萄酒の盃を乾す/原子公平

夢のなかの生きもの集う/赤葡萄酒/松本恭子

俳句例:21句目~

春海の伊勢海老やトロリ葡萄酒煮/松根東洋城

ぶだう酒のやうに日差しの冷えて来し/高澤良一

リトヴィノフは葡萄酒じやないぞ諸君/仁智栄坊

熟すまま来世紀まで寝かしおく葡萄酒千本そして恋人/松平盟子

語らふに葡萄酒の味をのこどち憎しみ睦ぶ仲らひの機微/高橋睦郎

地獄門/血の葡萄酒に火を放てり/幻想と戀の白羊宮かな/筑紫磐井

タイトルとURLをコピーしました