野山を使用した俳句

野山に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

野山を含む俳句例

銀漢や野山の氷相さやり/窓秋

芳野山又ちる方に花めぐり/去来

起ふしに眺る春の野山かな/闌更

風染し野山の錦風畳む/長山あや

野の錦山の錦は繪の錦/正岡子規

行春の紅はげる野山かな/正岡子規

新幹線通る野山の錦かな/川井梅峰

都出て行けば野山の錦哉/正岡子規

鵙の来て一荒見ゆる野山かな/蓼太

飛倉は野山の錦一っ跳び/高澤良一

九重を中に野山のにしきかな/蓼太

青陽や野山に物の湧きて来る/涼菟

八百万神々迎へ野山燦/石原今日歩

春風の野山をわたる雲の影/中勘助

雨を呼ぶ紫よ黄よ大花野/山田弘子

大和植物志の野山冬霞/高繁泰治郎

大雪の鴉も飛ばぬ野山哉/正岡子規

峰入りやおもへば深き芳野山/白雄

野の錦昼の葬礼通りけり/正岡子規

裏白や野山歩きし今朝の夢/滝井孝作

俳句例:21句目~

涼しさの動く野山の緑かな/正岡子規

春立ちてまだ九日の野山哉/松尾芭蕉

花裹にさざめき野山見はるかす/原裕

大兵の野山に満つる霞かな/正岡子規

大晴の野山光れる蛙かな/楠目橙黄子

灌仏の野山は日和尽しけり/服部嵐翠

野山焼く頃や足にも二日灸/正岡子規

龍吐水の音だけ書野山正月/伊丹公子

いつまでも明るき野山半夏生/草間時彦

雨晴れて春の日光る野山かな/正岡子規

雪の不尽その外は花の芳野山/正岡子規

雪夜寝て四囲を海とも野山とも/大串章

鯉つづきめぐりて野山錦せり/飯田蛇笏

鴨たてゝ再びねむる野山かな/前田普羅

鶴引きし野山に春の雲一朶/冨田みのる

ノートとる月の野山の学生達/阿部完市

冬雁に野山応へず過ぎにけり/草間時彦

小春とはしぐれせぬ日の野山かな/此路

懸巣飛び野山の錦ゆるがする/本川晴代

打ち晴れて野山の錦明日も旅/北川左人

俳句例:41句目~

日暮れては野山相寄る龍田姫/児玉南草

昼寝覚む車窓を野山逆行して/右城暮石

月高く大暑にくらき野山かな/京極杜藻

涼しくも野山にみつる念仏哉/向井去来

不器男忌の過ぎし野山の初桜/草間時彦

父の墓野山の青き中に立つ/山口波津女

空さむく野山のにしき神聳ゆ/飯田蛇笏

美の神の織れる野山の錦かも/猪子水仙

春たちてまだ九日の野山かな/松尾芭蕉

野山にもつかで昼から月の客/内藤丈草

雨ながら露に明け行く野山哉/正岡子規

うら~と野山につゞく遍路かな/野村泊月

稲妻のあとは野山もなかりけり/内藤鳴雪

雪の果これより野山大いに笑ふ/高浜虚子

たゝかひのあとを野山の錦かな/正岡子規

雪晴や野山ひかりの鬨あぐる/つじ加代子

霰かな野山の真言聴き居れば/河原枇杷男

荼毘の火に野山の錦きはまりぬ/山口峰玉

二日見ていかさま花のよし野山/高井几董

月たかく大暑にくらき野山かな/京極杜藻

俳句例:61句目~

晩霜の野山くつきり在りにけり/草間時彦

春めきし野山消え去る夕かげり/高浜虚子

近々と火星が燃ゆる夜の花野/山上みさゝ

クレソンの沼につづける大花野/山田弘子

懐旧の野山の色を眉間にし/長谷川かな女

悲しさや狩のあとなる野山とて/尾崎迷堂

病むことも伴侶か野山色づきて/赤尾兜子

御盛儀に日本野山の錦せる/長谷川かな女

月照りて野山があをき魂送り/橋本多佳子

野山獄址寒しひと筋冬日射し/岡部六弥太

小火のごと四方の野山の錦かな/高澤良一

眼つむれば今日の錦の野山かな/高濱虚子

にほどりや野山の枯るゝ閑けさに/日野草城

ふるさとの野山日々恋ふ脚気かな/藤田桐泉

佐保姫のちぎり絵ならむ野山かな/伊藤瓔子

名月や野山をあしのつづくまで/江戸-太大

漁樵たえげにはつかすむ野山かな/飯田蛇笏

除夜の灯のどこも人住む野山かな/渡辺水巴

うりずんへ一気に駆ける野山かな/小橋川恵子

蕗味噌をふくみ野山にゐるごとし/広田とよ子

俳句例:81句目~

早苗田となりて野山の今朝やさし/青柳志解樹

廬をさせば野山のにしきさしそめぬ/飯田蛇笏

首相放送野山の色をゆるがしぬ/長谷川かな女

鬼灯や野山をわかつかくれざと/久保田万太郎

相乗りのふらここ野山へ漕ぎ出せる入/和田政子

涼しさの野山に満つる念仏かな/去来「去来抄」

りょうらんと春の野山を着ていたり/岸本マチ子

野山の色に眠れぬ旅となりにけり/長谷川かな女

海よりも野山に降りてこそ緑雨/檜紀代「木染月」

しづかなる野山の晴れや昇天日/竹田哲「鉄神父俳句集」

タイトルとURLをコピーしました