軍港を使用した俳句

軍港に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

軍港を含む俳句例

旧軍港直立の父傾ぐ母/齋藤愼爾

軍港のごとく白鳥遊弋す/三宅草木

軍港の黄昏水仙と鉄匂う/伊丹公子

鰡跳ねて旧軍港の昼寂と/青木重行

嘶きや旧軍港に日は落ちて/攝津幸彦

秋暑き軍港の名の還るなり/石川桂郎

軍港の兵の愁ひに深雪晴れ/飯田蛇笏

軍港の眠りが足らぬ月見草/川辺幸一

下車前途無効余寒の軍港に/戸塚時不知

人形浮き冬の軍港とぞ思ふ/秋元不死男

住み古りていまも軍港藤咲けり/下田稔

旧軍港浮寝の鳥もなかりけり/高澤良一

朽ちて明るい旧軍港に蜜柑抛る/穴井太

桐咲いて喪の貌が行く旧軍港/河野南畦

腐り藻を深く沈めて雨の軍港/江里昭彦

蜜柑浮く旧軍港の潮満ちて/殿村菟絲子

軍港や音たてて飛ぶかぶと虫/加藤憲曠

ゼリーやや歯応えありし旧軍港/水島洋一

七月軍港帰還の唾を海へとばす/皆川白陀

潮まねき軍港の名の浜に消え/米沢吾亦紅

俳句例:21句目~

軍港が見えて撥ねゐる小鳥罠/米沢吾亦紅

軍港と呼びし世のあり手鞠唄/立石せつこ

軍港へ貨車の影ゆく犬ふぐり/秋元不死男

軍港をあぶり出したる焚火かな/中村和弘

かりがねや軍港かくす貨車の胴/秋元不死男

軍港にはらりとかかるうろこ雲/蓬田紀枝子

軍港まで駈けておとうとはよしきり/筑網敦子

軍港に子規の句碑あり敗戦を知らざれば波あたたかく詠む/古吉義彦

タイトルとURLをコピーしました