七輪を使用した俳句

七輪に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

七輪を含む俳句例

蜩や七輪赤く厨には/尾崎迷堂

三伏や七輪と炭調へて/中村雅樹

七輪が保つ艀の廚の位置/木村柑夫

七輪に寒い焔の翅相住ひ/辻田克巳

七輪に炭火熾して靴磨き/添野光子

七輪の口が真赤に春来る/河野静雲

七輪の炭赫々と氷下小屋/千原瀟湘

他人に母居て七輪使ふ夕蜩/岡本眸

春寒や破れ七輪を火桶とし/齋藤玄

七輪に十指炎のいろ午祭/小田島亮悦

七輪に目刺くすぶる啄木忌/枝村春江

七輪の火に雨来たる酉の夜/古見史子

七輪や人は小声に初諸子/梶山千鶴子

出窓みな七輪を置く鳥雲に/原田青児

松風や七輪に茄子くべてをり/森澄雄

桐枯れて七輪の火に立つ男/沢木欣一

七輪の茄子は炎となりにけり/長谷川櫂

人来れば七輪あふぐ目刺売/志水千代子

秋刀焼くだけの七輪五十年/奥原ゆき子

七輪も遠くなりけり秋刀焼く/松本泰志

俳句例:21句目~

リスボンは葡萄も垂るる七輪ぞ/小池文子

七輪を使わず捨てず去年今年/緒方しま子

時雨るゝや七輪の火の壁明り/徳永夏川女

注連売りの子が七輪を煽ぎをり/若月瑞峰

七輪あふぎ砂もあふぎて冬土現る/川口重美

七輪あふぐ妻の頭越しに麦萌えだす/森澄雄

七輪に紙燃やすけふありしかな/林田紀音夫

七輪の柚味噌に針を置いて立つ/岡崎莉花女

七輪の火をみてつのるちゝろ虫/百合山羽公

人といふもの唐もろこしを七輪に/小池文子

能登七輪もて正月の湯を沸かす/山下久美子

オジよ七輪提げてチチカカ湖へ行こら/夏石番矢

彼の日焼けざりしこれの七輪を火鉢とし/西本一都

タイトルとURLをコピーしました