民宿を使用した俳句

民宿に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

民宿を含む俳句例

民宿の主は女杜若/坪井のぶ子

民宿や波打際の花筏/小倉民子

夕鵙や民宿弥七くさし/古舘曹人

桐の咲く民宿で売る遊券/高澤良一

民宿の床に兜や五月来る/村尾梅風

民宿の朝の壺焼き蜑と吾/清田柳水

民宿の椀の重さよ田螺汁/小路紫狹

民宿の真昼音なく田水沸く/角淳子

民宿の競ひて回す芋水車/森田幸夫

民宿の花魁草の厚化粧/後藤比奈夫

民宿に金けんらん海鳴る日/野澤節子

民宿のうらも民宿蕎麦の花/橋本榮治

民宿の海荒るる日を冬仕度/鈴木鷹夫

民宿の茶請けの栗の渋皮煮/高澤良一

一茶の忌民宿の炉に胡桃割る/安藤衛門

妻の来し秩父民宿木の実降る/弦巻/玄

民宿に飼はれてをりし七面鳥/安斉君子

民宿のシーズンオフの寒櫻/長谷田義人

民宿のバケツに大きな不鯛かな/森英子

民宿の夜明け鱒より動き出す/池永豊子

俳句例:21句目~

民宿の客みな発ちし今朝の秋/田端延子

民宿の屋根にしぶきて大夕立/里見宜愁

民宿の茸のふんだんなる料理/松尾緑富

藁屋根は農園民宿通草咲く/穂坂日出子

民宿のすこしゆがめる秋障子/百合山羽公

民宿の裏手のへくそかづらかな/高澤良一

ばい打ちの子に民宿の道をきく/土橋いさむ

民宿の炉邉の暗さに馴るゝまで/西沢さち女

うちそよぐコスモスを庭にあふれしめ民宿はどの家も人ゐず/上田三四二

タイトルとURLをコピーしました