漬け菜を使用した俳句

漬け菜に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

漬け菜を含む俳句例

一車漬菜買ひけり小春凪/正岡子規

松代の定鑑堂の漬菜かな/西本一都

冬深し鼈甲いろの漬菜にも/細谷鳩舎

漬菜石重しゆめゆめ妊らぬ/品川鈴子

漬菜踏む小さき母と戦経て/宮坂静生

くき~と塩に漬菜のきしむ音/高浜虚子

ほのとある月日の塵の漬菜石/池谷花城

夜々氷り桶の漬菜の水上る/千代田葛彦

月光の珠のごとしや漬菜石/能村登四郎

歳月や漬菜にまろき石のせて/菖蒲あや

海を負ふ暮らし漬菜の石探す/細見綾子

漬菜桶に日を溢れしめ秋山家/宮坂静生

雪ごもり好みて日ごと漬菜汁/橋爪巨籟

ほろびゆく物の一つに漬菜踏/滝澤眞保子

一乗谷川鳴る瀬に浸す漬菜樽/能村登四郎

広島漬菜まつさをなるに戦慄す/西東三鬼

気ぜはしき毎日送る漬菜かな/大場白水郎

漬菜の水捨つる頃なり鳥雲に/古賀まり子

漬菜の芯大切に盛り朱色ほし/平井さち子

漬菜石赤児のように洗われて/藤嶋まさと

俳句例:21句目~

漬菜踏む赤子の首のぐらぐらと/宮坂静生

余命わづか取り戻したる漬菜かな/相馬遷子

手伝ひの来しより漬菜あわたゞし/高浜虚子

掌に漬菜憂ひは云はぬ夏炉なり/石橋辰之助

漬菜する母にものいふ小窓かな/室積波那女

漬菜の石胸に抱き上ぐ尻つき出し/菖蒲あや

しやりしやりと歯に氷片よ漬菜噛む/大野林火

赤子炬燵寝漬菜くらがりよりにほふ/藤岡筑邨

タイトルとURLをコピーしました