鉢巻きを使用した俳句

鉢巻きに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

鉢巻きを含む俳句例

鉢巻や手拭古き大根曳/准南

白菜は藁の鉢巻野菜舟/浜明史

紫の鉢巻歩々に春の熔岩/原裕

鉢巻の男が担ぐ大熊手/宮川欣子

白襷白鉢巻に和布刈禰宜/金森柑子

鉢まきをとれば若衆ぞ大根引/野坡

鉢巻に眉根しまりぬ義士祭/赤松子

鉢巻をして屋の雪だるま/斎藤修子

三島由紀夫の鉢巻や錦鯉/佐々木六戈

彦三頭巾白鉢巻が夜涼呼ぶ/高澤良一

白菜の鉢巻内を充すために/香西照雄

茶揉唄向う鉢巻生き残り/百合山羽公

鉢巻の子が攀ぢ祭太鼓打つ/福田蓼汀

鉢巻や穴熊うちの九寸五分/中村史邦

鉢巻をせし風船を伴へり/佐々木六戈

かたくまの児の鉢巻も祭かな/野村泊月

七日正月漁夫の鉢巻新らしや/寺田木公

菖蒲鉢巻一筋結ひぬ額に当て/安立恭彦

蓮植うる僧の鉢巻をかしかり/小林珠郎

行く春を鉢巻したる頭痛かな/正岡子規

俳句例:21句目~

鉢巻が日本の帽子麦熟れたり/西東三鬼

鉢巻をときて顔拭く西瓜売り/横田和子

鉢巻をとつて会釈や大根引/高橋淡路女

風邪人や鉢巻しつゝ棚吊れる/清原枴童

とぶ蜻蛉鉢巻取りて會釋かな/石島雉子郎

バンダナの鉢巻三島由紀夫の忌/遠山陽子

蝸牛紋に三重の鉢巻凝り性なり/香西照雄

鬢頭盧尊者注連鉢巻を太々と/山岸美重子

嬰の凛々し菖蒲鉢巻お食ひ初め/猪熊富士恵

烏賊漁の鉢巻きが衝く壱岐暁天/谷川季誌子

タイトルとURLをコピーしました