家庭を使用した俳句

家庭に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

家庭を含む俳句例

逃水や家庭訪問真最中/桑島信子

卓上に家庭百科と黄水仙/遠藤梧逸

金玉の下に展がる家庭かな/上野泰

南瓜蔓家庭菜園ひとり占め/清水博之

喜多家庭しだれ桜に夜の客/角地/要

月光はあまねし家庭内離婚/江里昭彦

雪国へ家庭教師を帰しけり/山田弘子

鱗雲母子家庭から硬いごみ/瀬間陽子

てで虫に水かけ家庭訪問す/佐怒賀直美

セルの頃旅は家庭を忘れつつ/京極杞陽

家庭の音は中音梨の荷が届く/伊丹公子

家庭訪問新茶を以てねぎらはる/樋笠文

盆の家庭掃き渚までつづく/中戸川朝人

足袋に指きつちり家庭内別居/稲井優樹

踊太鼓家庭教師はさみしきよ/宮坂静生

霊媒のゐる場末とは君の家庭/中烏健二

はじめての家庭菜園胡瓜咲く/小俣由とり

冬ひそと家庭工場に子が生る/石橋辰之助

家庭訪問つつじまつりの中通る/木村蕪城

応召の友が家庭にゐるうち会ふ/三橋敏雄

俳句例:21句目~

四月の家庭胸やわらかく雀つどう/伊丹公子

夏孔雀五、六羽家庭に降り来たる/攝津幸彦

家庭の灯だけでは都市の夜暗し/林田紀音夫

貼り終へし障子が包む家庭の灯/成瀬正とし

コップ割れて夏が散らばる家庭の隅/伊丹公子

幻想家庭さくらの蘂の降りやまず/山田みづえ

わたくしと君の世界が混ざり合うサラダボウルのなかの家庭/田中槐

麺麭を焼く香を家庭の幸福と喩え喩えて/喩こそわが罪/藤原龍一郎

タイトルとURLをコピーしました