立ち木を使用した俳句

立ち木に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

立ち木を含む俳句例

霧深く立木の径の厨窓/原裕

増水や岨の立木の冬ごもり/洞両

寒雀隣る立木へ四散して/高澤良一

草刈女園の立木に雨宿り/溝口杢生

蟷螂の立木と思ふ吾に寄る/森澄雄

枯蔓の横暴極まりなき立木/高澤良一

涼しさや立木柱に峠茶屋/石島雉子郎

祖母を立木のごとく支へ冬/橋本榮治

立木より縄ひつぱつて露の畑/上村占

縄飛の立木も縄を持つ仲間/生出鬼子

葱畑や立木まづしく賽の神/尾崎迷堂

今年竹ぬけくる風や立木仏/仲田志げ子

初午の太鼓立木に括られし/岡野スミ子

十三夜炉辺をへだつる小衝立/木村蕪城

夕日いま人に立木に稲の秋/大隈チサ子

春雨や背戸の立木に鳶の声/信濃-自来

立木皆枯れて海聞く日和かな/中川宋淵

蛇穴を出づる立木に灘の耀り/斎藤梅子

行春やしきりに滲む夜の立木/渡辺水巴

衣裳だんす桐の立木の模様哉/井原西鶴

俳句例:21句目~

山峰の声する独活の立木かな/広江八重桜

忘れぬ者が秋風に立ち木歩の碑/佐野美智

立木ふとおのれをへだつ春の闇/金田咲子

立木澄むいつか過ぎゐし藤村忌/友岡子郷

くらがりが立木の雪にうごきけり/高井北杜

吹雪倒れは立木のことと思ひきし/平井照敏

山火事の立ち木業火となりて燃ゆ/右城暮石

松の立ち木を朧に舞台暗転す/長谷川かな女

立木観音おはしぬ木々の萌えいでて/中島大三郎

つゝ鳥や岨の立木に鳩の居て/星眉「はたけせり」

タイトルとURLをコピーしました