立ち居を使用した俳句

立ち居に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

立ち居を含む俳句例

川床に憎き法師の立居かな/蕪村

男いて雛道具ふるわす立居/澁谷道

麗人の立居が透ける青簾/秋山青潮

うくひすにしのふ神衣の立居哉/蓼太

名月やとばかり立居むつかしき/一茶

水落つる上に立ち居り虫柱/西山泊雲

羅の齢を見せぬ立ち居かな/小川幸子

裾を引く妻の立居や三ヶ日/正岡子規

お命講や立ち居つ拝む二法師/村上鬼城

人在らぬ立居素秋の音とせむ/斎藤梅子

帯解や立ち居つさする母の顔/村上鬼城

帰省子の声も立居も嵩たかき/小川節子

愛犬の立ち居定まる晩夏かな/増子道子

母めきて洗ひ髪なる娘の立居/奥田恵美

立居して鈴の音を張る夏の霧/栗林千津

繭玉や人の立ち居に風生まれ/八染藍子

遠花火立居目立たぬひとと居り/桂信子

障子入れ立居しづもる夕ごころ/速水道

風さそふ音は紙子の立ち居かな/杉/風

骨の音させて溽暑の立居かな/大野林火

俳句例:21句目~

白梅や立居ふるまひ娘に教ふ/加藤知世子

身を曲ぐる羽子板売の立居かな/岩田由美

雨安居の僧の立居の風に似て/山崎みのる

いつしかに乙女の立ち居花柚かな/長谷川櫂

それとなく僧の立ち居の涼しかり/新津静香

ゆで栗や小さな帯をして立居/阿部みどり女

狭き帯しめて涼しき立居かな/久保田万太郎

うすものに堪へざる美女の立居かな/正岡子規

海女経て嫗まるき立ち居で大豆干す/平井さち子

タイトルとURLをコピーしました