都電を使用した俳句

都電に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

都電を含む俳句例

町裏に都電の軋む飾売/藤木竹志

三の酉都電残りて乾らぶ街/杉本寛

焼鳥や都電の軋り蹠より/木村川至

甚平の紐に都電の定期券/館岡沙緻

いつからか都電なき町鬼灯市/山越渚

このあたり都電快速一の午/奈良文夫

墓地は秋頷き走りの小都電/石川桂郎

落葉降り華燭の車都電越す/石塚友二

都電一塊煌々たるは露けしや/岡本眸

青葉風都電跡なる切通し/長/カツコ

ゆるやかに都電を通す簾かな/松山足羽

冬ざれやうらぶれ都電ひた走り/瀧春一

冬の水暮れては流す都電の灯/石塚友二

唄ふごとし寒の都電の老車掌/細川加賀

大雪の都電とゞまる旧居前/水原秋櫻子

柳散り雨の中より都電来る/大木格次郎

紫陽花や都電おほむね無人駅/岡村和舟

絽羽織の幇間の居る都電かな/都筑智子

切山椒買うて早稲田に都電待つ/奈良英子

都電まだのこる王子や酉の市/長屋せい子

俳句例:21句目~

しだれ柳ふれて都電は雑司ヶ谷/敷地あきら

シヨール深く都電の残る町通る/伊藤いと子

スピード感全く欠除し都電うらら/北野民夫

揺れに揺れ都電荒神輿のごとし/小川背泳子

旗に風ある都電を見しや羽抜鶏/磯貝碧蹄館

獅子舞ひとり朝の都電に拾はれつ/岡田貞峰

秋風やある日都電に乗ることも/鈴木真砂女

銀座ここも都電なくなるマフラー購ふ/鈴木栄子

驟雨に洗はる都電屋根からすつぽり青/磯貝碧蹄館

タイトルとURLをコピーしました